自由設計住宅のメリットとは?

自由設計住宅のメリットとは?

■はじめに

ハウスメーカーや工務店などが取り扱う注文住宅には、実は2つのタイプがあります。いわゆる企画型の注文住宅と、
自由設計住宅です。これらにどのような違いがあるのか、解説していきます。

●自由設計住宅とは?

新築の家を購入する際には、決まった仕様で建てられた(あるいは、これから建てる)建売住宅と、
自分のオーダーに基づいて建てることのできる注文住宅という、2種類の選択肢があります。

注文住宅を購入する場合には、ハウスメーカーや工務店に依頼をすることになるのですが、注文住宅だからといって全てを自由に決められるというわけではありません。

いわゆる「企画型住宅」と呼ばれるものでは、住宅のプランがメーカーによってある程度決められていて、
それをベースに打ち合わせをして詳細を詰めていくことになります。

自由設計住宅は、そうしたベースの部分はなく、工法や間取りなども含めてすべてをハウスメーカーや工務店との打ち合わせによって決めていくものです。

●自由設計住宅のメリット

企画型住宅はハウスメーカー(特にローコスト系メーカー)に多く見られるように、建築費用が比較的低く済むことと、
工期が短いことなどがメリットです。

ただ、あらかじめ決められている部分が多いこともあり、「こういう感じにしたい」という間取りがあったとしても構造上諦めなければならない可能性もあります。

自由設計住宅の場合はそうしたことを気にする必要がなく、法律の範囲内であれば、工法や間取りも含めてすべて自由に
セレクトすることができます。

住宅を建てる際には、工法ひとつとっても在来工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法、鉄筋コンクリートなど多くの選択肢があるのですが、どの工法にも対応しているハウスメーカーというのは実は少なく、そのメーカーが得意とする工法で作られることがほとんどです。

そうすると、せっかくメーカーを選んで打ち合わせを進めても、外観や間取りとうで「こういった仕様の家はできません」
ということが起きてしまいます。一方、自由設計住宅であれば「建てたい理想に合わせて工法を選ぶ」ということができますので、思い描いたイメージにより近い家が建てられることになります。

■まとめ

自由設計住宅のデメリットとして「選ぶ手間」挙げる人もいますが、これから住む家のことを考えるのは、もともと楽しい時間のはず。注文住宅を建てる機会は人生の中でそう何度もないものですので、理想の家を追求したい方はぜひ自由設計住宅を検討してみてください。

物件情報

アイルの匠ブログ(月別)

ZEH

ページ上部へ戻る