バリアフリーってどういうことをすれば良い?

 
 

バリアフリーってどういうことをすれば良い?

■はじめに

高齢者や小さなお子様、身体に障害がある人も含め、誰にとっても住みやすいよう工夫された住宅を
「バリアフリー住宅」と呼びます。人間は誰しも年齢を重ねていきますし、子どもが生まれることもあるので、誰にとっても住宅のバリアフリー化は他人事ではありません。

バリアフリーな住宅を建てようと思った場合、具体的にどのような点に注意すればよいのでしょうか?
本ページではバリアフリー住宅を建てる際の注意点について紹介していきます。

●バリアフリー住宅(ユニバーサルデザイン)とは?

バリアフリーの代表的な手法は、段差をなくしたり必要な個所に手すりを設置したりするものです。
段差がなければ車いすやベビーカーの移動がラクにできますし、手すりがあれば立ち座りの際に
関節にあまり負担をかけなくて済みます。

これらの工夫は年齢や性別にかかわらずすべての人が使いやすいデザインとして、「ユニバーサルデザイン」
とも呼ばれるようになってきました。バリアフリー設備や工夫の中には、既存の住宅にあとから取り付けできるものと、間取りなどの設計段階から取り入れる必要があるものとかあります。

●バリアフリー住宅のポイント

1、段差をなくす
床の段差は移動を困難にするだけでなく、つまずきによる転倒事故の原因となり、
ケガにつながることもあります。
敷居の段差はできる限りなくし、玄関の上がり框(かまち)も低くします。

2、手すりを設置
立ち座りや移動の動きを支え、安全性を確保しやすくしてくれるのが「手すり」です。
階段はもちろん、玄関や浴室、トイレなどの座る動きをする場所に設置しておきましょう。
体重移動時のバランスが安定します。

3、出入り口や廊下の幅を広く
車いすを使用する場合はもちろん、介護の際介助者がそばで支えるためにも、廊下や出入り口には
一定の幅が必要です。余裕のある幅を確保しておきましょう。

4、生活動線を短く
高齢になると日常的な移動も身体に負担となるので、生活動線は短く設定します。
トイレの頻度も高くなりがちなので、就寝時に移動しやすいようトイレと寝室は近い位置にしておきましょう。

5、室内は明るく温度差を少なく
年齢を重ねると視力が落ちるので、階段や玄関などどうしても段差ができる場所は、採光にも注意が必要です。
必要な部位には見えやすいよう、部材の色を変えるなどの方法も良いでしょう。ヒートショック現象や夏場の
暑さによる睡眠不足などは身体に大きな負担となるので、断熱や間取りの工夫によって、温度もバリアフリー化を図りましょう。

■まとめ

バリアフリー住宅は「お年寄りだけのもの」ではなく、家族みんなが住みやすい家です。廊下の幅や生活動線は、後からではなかなか変更できません。新築の際にちょっとしたポイントを意識しておき、いつまでも住みやすい家を建てるように心がけましょう。

アイルホームは建築の専門家として、将来にわたり住みやすい家づくりに向けたアドバイスをいたしますので、
お気軽にご相談ください。

アイルの匠ブログ(月別)

ZEH

ページ上部へ戻る