ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 災害対策

    こんにちは。工務部の坂上です。

    最近地震や台風など日本列島に大災害が多く訪れ、甚大な爪痕を残しています。

    また、今後30年以内に7~8割の確率で南海トラフ地震が発生するとも言われています。

    ここで、皆様は地震対策はどの程度されているでしょうか?

    今回簡単に説明させていただきます。

    まず、家具の置き方、工夫していますか?
    阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

    •家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
    •寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう
    •手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう

    食料・飲料などの備蓄、十分ですか?
     電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。
     防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

    食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
    •飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
    •非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
    •トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など
    ※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
    ※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

    非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?
     自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。
    非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

    これぐらいは準備として必要だと思われます。
    他には避難経路の確認、家族の安否の確認方法など細かく上げればキリがないです。

    一度、ご家庭で話し合いの場を設けるのもいいと思います。

  2. 太陽光発電

     

    こんばんは!

    工務部の野口です。

    ここ最近日本各地で災害が起こっていますね。。

    本日は、そんな災害時にも役に立ちそうな”太陽光発電”についてお話したいと思います!

    太陽光発電とは、その名の通り太陽電池を利用して太陽のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式をいいます。

    太陽電池が並べられたソーラーパネルを屋根などに設置することによって、パネルが太陽から受けたエネルギーを家庭で使用することができる電気に変換することができます。

    また、ソーラーパネルを使用しているため、「ソーラー発電」と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味の言葉です。

    発電の仕組みは、太陽電池を並べて作られたソーラーパネルを使って発電するという方法です。風力発電や水力発電と同じく、再生可能エネルギーを使っての発電するので、とても環境にも良いですね!

    家庭用太陽光発電に絞って話をすると、環境に優しいだけだはなく、毎日の電気料金を節電できることや余剰電力を電力会社に買い取ってもらう(売電)ことができるのが大きなメリットです。普及を進めるため、国と地方自治体による補助金制度も存在します。

     

    そんな太陽光発電にもメリットとデメリットがありますが、メリットからご紹介します。

    最大のメリットはなんといっても自宅で電気を作ることができることです。電力需要時間の電力削減に効果があり、エコにも大きな貢献をします。また、余った分の電力は電力会社に売ることができます。蓄電式のものであれば蓄電も可能です。

    さらに、なんといっても日ごろの電気料金の支出を大幅にカットでき、災害時の万が一の停電のときでも電気を使うことが出来るので

    とても役に立ちますよ!

     

    ちなみに、色々と大きなメリットが多いのですが、もちろんデメリットが全くないという訳ではありません。最大のデメリットは設置導入にかかる費用です。小規模のものでも数十万円、一般的な規模のものになると百万円~数百万円の費用が必要となります。

     

    初期費用はどうしてもかかってしまうものですが、長い目でみるとお得になるかもしれませんね!

    是非一度、太陽光発電を検討してみるのもおすすめですよ~!

     

    それでは!

     

  3. 耐風等級

    こんばんは、和田BENです。

    今回は耐風等級について投稿したいと思います。

    皆さんは耐震等級という言葉をよく聞くと思いますが耐風等級という言葉はご存知でしょうか。

    耐風等級とは建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級以外に定められているものです。

    その基準として建築基準法の範囲内を耐風等級1、建築基準法の1.20倍の強さを耐風等級2として、

    2ランクの耐風等級が設けられています。

    ちなみに耐風等級1で、『500年に1度程度発生する暴風の力に対して倒壊・崩壊しない程度』となっていますが、

    最近の異常気象を考えると実際に暴風が起こる可能性は格段に上がっているように思えてなりません。

    弊社テクノストラクチャーでは耐震等級3はもちろんの事、耐風等級2も所得してお渡ししております。

    これからの建物は耐風についても最高ランクの等級2も必要ではないでしょうか。

    地震、台風に負けない家づくりをはじめてみませんか?

    ぜひ、弊社テクノストラクチャーを宜しくお願い致します。

  4. 樹脂サッシ

    こんにちは 工務部の中栄です

    本日は新仕様となりました樹脂サッシにつてお話しします。

    樹脂サッシって何?ここから始めましょう。

    樹脂サッシとは、窓のフレームが樹脂製でできている窓のことです。

    フレームが樹脂になるとこのようなメリットがあります。

    やはり一番の特徴と言えるのが、断熱性の高さです。

    これは、樹脂そのものが熱を伝えにくい材質であることが理由となっています。

    アルミに比べると熱伝導率が約1000分の1と非常に低く、この点では樹脂サッシの方が遥かに優れていると言えるでしょう。

    断熱性が高いということは、冬場の冷気が室内に伝わりにくいということ。

    そのため樹脂サッシは、外気との温度差によって生じる結露にもあまり悩まされずに済みます。

    そのほかにも樹脂サッシは、固定用シール材部分が無く、ガラスとフレームの段差がほとんどないため、掃除しやすいといったメリットがあります。

    このように樹脂サッシにはメリットが沢山ありますが、もちろんデメリットもあります。

    樹脂サッシにはアルミサッシほどの強度がないため、厚みを出すことで強度を上げています。

    そのため、必然的に重量が増えて、窓の開閉時にも重みを感じるようになります。

    ただし、最近はフレームを薄くしたサッシも製造されており、このデメリットは少しずつ解消されつつあると言えます。

    また、樹脂サッシは紫外線に弱いという話を聞いたことがある方は多いと思います。

    正確に言うと、これは非常に頑丈なアルミサッシに比べると、紫外線に弱いという意味です。

    ただ、環境やメンテナンスの状態によっては30年位は品質を維持で出来るとも言われていますので、そこまで重要なデメリットと考えなくても良いでしょう。

    このようにメリット、デメリットはありますが、アイルホームではこれから訪れる省エネ時代や環境の事も考えて、お客様と一緒に取り組んで行きたいと思います。

  5. 民泊

    こんにちわ。東でございます。

    今回は以前も少しお話させて頂いた民泊についてもう少しだけ・・・

    2018年は住宅におけるCtoCの本命・民泊がテイクオフします。6月に民泊新法が施行され、物件が自治体への登録制となり上限が年間180日までと規制されるが、民泊が合法ビジネスとなるからです。

    minpaku-new-law
    ※出所:Airstair

    2016年度で2,400万人に達したインバウンド需要の受け皿として、「Airbnb」等をプラットフォームに民泊物件は増加しており、訪日外国人の2割前後は民泊物件を利用しているとみられており、市場規模は2020年に2,000億円に達するとの予測もあります。

    民泊新法の施行後は、これまで中心を占めていたマンション・アパート物件の1室貸しがオーナー的にはペイしにくくなる一方で、戸建ての1棟貸しが増えます。注目すべきは別荘。オーナーからすると、不使用期間に別荘を合法的に貸せるメリットは大きく、利用者もリゾート地のいい物件を安く借りられるのはメリットです。

    それ以外にも(古)民家や農家、和風住宅、豪邸などが人気民泊物件となりそうで、アイルホームにとってもこれらの民泊物件化のリフォーム・リノベ需要も期待できます。自社のモデルハウスを民泊化して貸すのも面白い試みかもしれませんね。その際は是非ご利用ください。

  6. 床暖房

    こんにちわ。工務部の坂上です。

    今回は、今新築で家を建てる方のほとんどが設置される床暖房のメリット、デメリットについてお話いたします。

    まずはメリットから

    1、足元から暖かい

    寒い冬場は、足元からの冷えが辛いですね。エアコンの暖房やストーブをつけても、冷たい空気は下に溜まりやすく、暖かい空気は上に上がりやすいため、床付近はなかなか暖まらないもの。
    そんな足元の冷えを解消してくれる1つが床暖房。床暖房は足元からじんわり暖めるので女性や冷え性の方にもおススメです。床に触れることで直に熱が伝わってくるため、足元の冷えが解消されやすくなります。

    2、空気や肌が乾燥しにくい

    「暖房で空気や肌が乾燥する」「温風が顔に当たるのが気になる・・・」という方も多いのでは?

    大きな気流を作らない床暖房の方がエアコンよりも皮膚から水分が蒸発しにくいです。温風によって皮膚の水分を奪わないので、肌やノドにやさしい暖房ですね。

    3、ホコリが舞いにくく、空気がクリーン

    床暖房は乾燥しにくく、風がないのでほこりや花粉、ダニのフンや死骸などのハウスダストを舞い上げにくい暖房です。

    喘息やアトピー、花粉症の方、小さいお子さんのいるご家庭にもおススメです。

    また、ストーブなどのように室内に燃焼させるものがないので、空気の汚れもにおいの心配もなく、いつも空気がクリーンです。ファンなどの音もないので静か。

    4、出し入れの手間なく、お掃除が楽に

    床暖房は暖房器具の場所をとらないので、部屋が広く使え、すっきりするのもポイントです。また、季節の変わり目に暖房器具を出し入れする手間もなく、収納する場所もいりません。

    室内には暖房器具やその電源コードもないので、掃除機をかけるのもラクラクです。

    次にデメリットです。

    1、部屋が暖まるのに少し時間がかかる

    スイッチを入れてから部屋が暖まるまで30分から1時間ほどかかります。起動してから部屋全体が暖まるまで少し時間がかかるのはデメリットと言えるかもしれません。

    2、初期コストがかかる

    温水マットの設備工事や熱源機の設備工事など初期費用がかかります。

    他の暖房器具と比べると導入コストは安いとは言えませんが、床暖房の温水パイプは耐用試験によって30年以上使用できることも確認されており、他の暖房器具と比べるとずっと長く使えます。ただし、床暖房用の温水をつくる熱源機は、一般のガス器具と同程度の耐用年数となります。

    3、設置工事が必要

    床暖房を設置するためには大掛かりな工事が必要となります。新築やリフォーム時の設置が向いていますが、後付することももちろん可能です。

    床暖房を設置して冬場のぬくぬく生活をぜひとも手に入れていただきたいものですが、上にあげたデメリットも頭の片隅に入れておいてください。

  7. 住宅性能評価書

    こんにちは。
    工務部の野口です。今回は、住宅性能評価書についてお話をしたいと思います。

    まず、住宅評価書をだす住宅性能機評価機関とは
    「住宅の品質確保の促進等に関する法律」にもとづき住宅性能評価を行う、国土交通大臣の登録を受けた第3者機関です。
    ”住宅性能評価”とは、つまり「家の診断書」のようなものなんです!!建築会社とは直接関係しない第三者機関が、建物は安全か、快適に過ごせるかなど、10分野32の項目をチェックしていきます。

    また住宅性能評価には「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」の2種類があります。

    ・設計住宅性能評価

    設計住宅性能評価は「設計段階での家の検査」です。当然家はまだ完成していないので、家の設計図をもとに評価を下します。
    この評価は既存住宅(建設完了後1年以上が経過した住宅、または実際に人が住んだ住宅)には適用できないため、家を建てる計画をする際に検査を受けるかどうかを決める必要があります。

    ・建設住宅性能評価

    建設住宅性能評価は「完成した家に対して行う検査」です。出来上がった家を実際に検査し、設計時の評価とずれがないか等を確認していきます。なお、建設住宅性能評価を受けるためには、事前に設計住宅性能評価を受けておく必要があります。家を建てた後に評価してもらうことができないので、事前に検査を受けるかどうかを決めておかなければいけません。

    住宅性能評価でチェックする項目は全部で10項目です。それぞれの項目に1~3点の評価が与えられ、点数が高いほどその項目の性能が高いということになります。なお項目は全部で10点ですが、そのうち必須項目は「構造の安定」「劣化の軽減」「維持管理・更新への配慮」「温熱環境」の4つで、残り6つはオプション制となっています。

    さらに、地震などの自然の災害が頻繁に起こっていますが、住宅性能表示住宅は地震保険が優遇される
    住宅性能評価を受けることで、地震保険料の割引を受けることができます。
    割引には「免震建築物割引」と「耐震等級割引」の2種類があります。対象建築物の免震性が高いということを証明できれば、最大で50%の割引を受けることが可能です。

    このように、性能評価書は様々な場面で役に立つときがきますよ!
    もちろんアイルホームのお家も住宅性能評価機関にチェックしてもらっています。
    気になる方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

  8. 配置図

    こんばんは、和田BENです。

    今回は敷地と建物を表現している図面(配置図)について投稿します。

    配置図は平面図などと同様に重要な設計図面の一つで、

    建物と敷地の他に、庭、車庫、植栽、道路の位置、幅員、隣地境界線、道路境界線、敷地内の高低差、敷地と道路の高低差、

    真北方向なども配置図に示されます。

    これにより敷地と建物の配置はもちろん、人や車などの動線も分かるようになっており配置図は設計をする上で最も基本的な図面です。

    縮尺は一般的に1/100程度で排水図を兼務して表示される場合もあります。

    一般に南側に道路があれば南側に玄関を設け、北側に道路があれば北側から入ります。

    南側に道路があると日当りも良く、さまざまな条件もよくなるので、土地値も北側道路の土地よりも高いかもしれません。

    しかし具体的に検討を始めると、玄関や駐車場などに取られて南側の間口が有効に働かないケースもあります。

    逆に北側道路の方が北側斜線制限が有効に働いて天井を低く抑えることなく建物を建てることができます。

    イメージだけで南側は有利と考えず、その土地土地の周囲環境を見ながら間取りを検討することが重要です。

    その他には日射熱と採光性、通風性と密閉性など、場合によっては互いに 矛盾する要素を総合的に判断し、熱負荷上有利になるような

    配置計画、窓面積、通気ルートを決定することが重要である。

    以上のように図面には種類によって表現している内容がそれぞれ違いますので、

    知りたい内容を整理してその内容にあった図面をチェックしていただく事が大事ではないでしょうか。

     

  9. 耐震等級

    こんにちは 工務部の中栄です

    先般大きな地震が発生いたしましたが、皆様はご無事でしたでしょうか。

    そのこともあり、本日は耐震等級についてお話しします。

    皆様は 耐震と聞いてどんなことを想像されますか?

    読んで字の如く 地震に耐える と言う事です。

    耐震等級は地震に耐えるための等級と言う事になります。

    まず、耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、 耐震等級3が最高等級となっています。(アイルホームではこの最高等級3が標準です)

    耐震等級1・・・建築基準法(法律)と同程度の建物

    耐震等級2・・・等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる

    耐震等級3・・・等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

    耐震等級1で言う 建築基準法に制定されている建物とは、

    震度6強から震度7程度の地震に対して、倒壊・崩壊しない。

    震度5強程度の地震に対して、損傷しない。

    と、言う事になっています。

    なので今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。

    ただ、これもあくまで確率的な問題になるので、実際に生じる地震の「性質」によって、 変わるのであくまで目安と思って貰えたらと思います。

    これだけ見ると耐震等級をあげて、建物を固めることで安全性を高めることが良いと言う風にとらわれがちですが、建物を固くすればするほど、地震の揺れはモロに家の中に伝わる事になります。

    ですから、家の中にいる人や家具などは、モロに地震の揺れを受ける事になります。

    それを防ぐためには家のバランスが重要だと言うことになります。

    アイルホームで建築しているテクノストラクチャー工法では、耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」の厳しい基準を用いて全体的な壁配置をチェックしています。( 偏心率とは、 建物の重さの中心(重心)と堅さの中心(剛心)のずれ具合を表します。)

    厳しい基準をクリアしたテクノストラクチャー工法 皆様一度見に来てください。

    きっと気に入ってもらえるはずですよ。心よりお待ちしております。

     

  10. 屋根材

    こんにちは

    工務部の野口です。
    今回は、屋根材についてお話したいと思います。

    「新築時や葺き替え時の屋根材は、どれが一番いいのだろう?」これは本当に悩むところですよね。
    屋根は、室内を雨風から守ってくれる住宅の基本構造の1つです。しかも一番厳しい気象環境に晒されるのが、
    住宅建材の中でも屋根材です。

    一般的に屋根材で使われているのは細かく分類するともっとたくさん分けることが出来ますが
    大きく分類するとスレート、瓦、ガルバリウム鋼板があります。

    スレート

    スレートとは、本来、粘板岩を薄く加工した板を指します。粘板岩を材料とするのが「天然スレート」と
    呼ばれるのに対して、セメントと人工繊維や天然繊維を材料にして薄く加工後、着色塗装したものを
    「化粧スレート」と呼ばれています。
    スレートの特徴は、日本瓦に比べて軽量であること、そして、温暖差による収縮も少なく、
    比較的安価であることがスレート屋根材の大きな特徴と言えます。
    長い目でみると、メンテナンスが必要でコストもかかりますが、色合いもバリエーションが豊富にあり、
    お好みの色を選ぶことができるので、色にこだわりがある方には打ってつけの屋根材です。
    デザインもスッキリとしていて軽快感があり、人気の屋根材になっていますよ。

    日本瓦は、粘土を成型して焼いた瓦です。そのため、他の屋根材より重量が重くなりますので、
    住宅の耐震性にも考慮して日本瓦を慎重に選ぶ必要があると言われています。
    一方、日本瓦は、断熱性や遮音性に優れ、瓦自体は半永久的に使うことのできます。
    また、表面は耐久性が高く、色合いも半永久的にメンテナンスが不要です。ただ、瓦自体にメンテナンスが必要ないものの、
    漆喰部分には、やはりメンテナンスが必要になります。

    最近では、KMEWから”ROOGA”と呼ばれる陶器瓦のように見える屋根材が出ています。
    KMEWでは「樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦」としていて「繊維補強セメント瓦」=「スレート」になります。
    つまり、ルーガの主成分はスレートのコロニアルと同じです。
    そのため「厚型スレート」として分類する人もいます。
    「コロニアルをパワーアップさせた陶器瓦のような成型を施した屋根材」としてイメージしてください。

    ガルバリウム鋼板

    ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛とシリコンで鉄板を両面から加工した鋼板で
    1972年にアメリカで開発された新しい金属素材です。
    ガルバリウム鋼板は仮にメッキ部分が傷ついても、ガルバリウム鋼板に含まれている亜鉛が、
    鋼板より先に錆び始め、表面を覆い、鋼板が錆びることを防ぎ、この仕組みで大変 耐食性に優れています。

    このように屋根材にもメリット、デメリットがありますが
    好みやお家のデザインに合わせて選んでみるのもいいですね。

物件情報

アイルの匠ブログ(月別)

ページ上部へ戻る