ブログ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
  1. オール電化住宅

    こんばんは。工務部の坂上です。

    今回はオール電化住宅のメリット、デメリットについてお話したいと思います。

    そもそもオール電化住宅とは、家庭内で用いる全てのエネルギー(調理、給湯、空調など)を電気に統一した住宅のことをいいます。

    まずはメリットから

    ・ガスの基本料金が無くなり、基本料金を電力に一本化できる。
    ・深夜電力を用いる場合に限り、給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えられる。
    ・災害時や停電時にエコキュートや電気温水器の貯湯タンク内の湯が使える(飲料目的には適さない)。
    ・新築時にガス配管工事が不要なため、建設コストが抑えられる。
    ・裸火を使わないため、炎による火災の危険性が低い。
    ・電気暖房や電気調理器具は加熱時に一酸化炭素を発生させないため換気を必要とせず、高気密高断熱住宅に適している。
    ・厨房の場所の制約が少ないため、部屋の中ほどに配置して食卓と一体化させるといった間取りの自由度を高められる。
    ・太陽光発電や都市ガスを用いたエコウィル、エネファームで自家発電した電力を消費することが出来る。
    ・災害の際の復旧が、発電所自体の被災などが無い場合はガスと比べて早い。

    次にデメリット

    ・イニシャルコスト(導入費用)がガスコンロ、ガス給湯器と比べ、IHクッキングヒーターとエコキュートもしくは電気温水器の方が高価である。
    ・電力の大量消費を前提としているため、電力需給が逼迫している際には停電を誘発する要因となる。
    ・電気のみに頼るため、電気料金が高騰するような場合(燃油価格の高騰による調整費加算など)、その影響を直接受け、リスクを分散することができない。
    ・停電時に家庭内の全ての熱源機器が機能しない。蓄熱暖房器などの蓄熱分は利用できるが使いきりとなる。もっとも、ガス機器などの利用も点火に乾電池やマッチ、ライターを利用する機器を除いて停電時には使用不能となるため、特別にデメリット視する必要はないという意見もある。
    ・エコキュートの深夜から朝方にかけての騒音により、設置家庭の睡眠を妨げたり、近隣住民が悩まされ続け、トラブルになる場合がある。2011年7月に隣家の住人が損害賠償を求めて提訴した事例がある。特に設置場所が壁や塀に囲まれた極端に狭い場所だと音が増幅される。
    ・貯められる湯の量に制限があるため、定量以上の湯を使用すると、湯切れを起こす。
    ・湯切れを起こすと昼間の割高な電気料金で貯湯を始めなければならず、かえって光熱費が高くなる。
    ・深夜の電気代は割安だが、夏場(7/1 – 9/30)の昼間の電気代は、一般的な電気料金契約の約1.5倍 – 2倍と、かえって高くなってしまう。
    ・生活スタイルに合わない使い方をすると電気とガスを併用するよりも光熱費が上がる場合がある。
    ・機器代が通信販売、訪問販売といった販売方法によって大きく異なる(通信販売と量販店では2 – 3倍前後)。
    ・電気給湯機の貯湯タンク設置スペースや熱源機が必要。
    ・一度オール電化住宅を建てると、改築しないとガスに乗り換えづらい。ガスとのエネルギー間競争を阻害させ、ますます電力会社の独占力を強めることになる。そして何より電力会社自身が住宅一戸丸ごとに対する割引を設定していることは、まさしくそのような将来的な独占力の強化を目論む反競争的な行為とも思われる。
    ・東日本大震災において、電気給湯機の貯湯タンクの転倒が多数発生し、貯湯タンクの供給不足から、電気水道が復旧した後、数カ月にわたって温水の使用が不可能となる事例が生じた。

    このように、メリット、デメリットは多くありますが、オール電化導入をお考えのかたは、是非当社アイルホームにご相談ください。

  2. 定期講習

    こんばんは、和田BENです。

    今回は定期講習について少し投稿したいと思います。

    建築士には設計及び工事監理の業務独占権限が付与されており、その業務に従事するに足る十分な知識及び技能を有している必要がありますが

    近年の建築技術の高度化に伴い、建築物の高層化、大規模化、複雑化等が進展し、建築基準法令の改正等も頻繁に行なわれるなど、これに合せて

    常にその知識を更新していかなくては、業務の適正な実施を担保し得ない状況となっています。

    このため、建築士が建築技術の高度化や建築基準法の改正等に的確に対応できる様にし、設計等の業務の適正な実施が担保されるよう、

    建築士に対し、一定期間ごとに国土交通大臣の登録を受けた者が行なう講習の受講が義務付けられました。

    建築士に対する定期講習の受講が義務付けられる建築士は、建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士及び木造建築士であり、原則3年以内

    ごとに定期的に講習を受ける必要があります。それに伴い弊社に所属する建築士も定期的にこの講習を受けて、日々の業務に貢献しております。

    なお、定期講習を定められた期間内に受講しなかった場合には、建築士法に基づく処分の対象にもなります。

    以上のように弊社設計部は常に最新の知識、法律を身につけて業務に取り組んでおりますのでご安心頂ければと思います。

    今後共、よろしくお願い致します。

  3. 和室と洋室

    こんにちは 工務部の中栄です。

    本日は和室と洋室についてお話しさせて頂きます。

    まず和室とは、伝統的な日本特有の畳を敷きつめた部屋の事を言い、家の中心になる部屋には床の間や仏間などが配置されている場合が多いかと思います。

    一昔の家庭を思い出すと、家族が畳の部屋でこたつやちゃぶ台を囲んでご飯を食べていたことを思い出します。

    では洋室とは、もちろん皆様ご存知のように畳を使用せず、フローリングやクッションフロアーなどを床材に使用し、壁や天井は壁紙やピーリングなどを使って仕上げていることが一般的かと思います。

    現在の住宅では和室がないお家もたくさんあります。

    一言で言うと生活習慣が変わったという事なのでしょう。

    畳の上に正座してご飯を食べていたのが、リビングのテーブルで食事するようになり、畳の上にゴロンと横になってテレビをみていたのが、ソファーに座ってくつろぐようになったりと、和室の需要がなくなってきたのでしょう。

    また、和室に使用されている材料、例えば障子やふすまなどは定期的に張替が必要になったり、壁に使用されている土壁などは汚れやすくお手入れが大変なのも敬遠される要因ではないでしょうか。

    アレルギー体質の方は特に気を使いますね。

    こんな風に書くと和室の悪い所ばかりを説明しているように思われそうですが、もちろん良い所がたくさんあるのです。

    壁に使用する土壁や、木材が化粧材として使用されていますので、寒い時期に乾燥すると水分を放出し、湿度を適度に保ってくれるという天然の除湿・加湿乾燥機とも言える特性を持っているなど、日本古来の気候に適した部屋だと思います。

    しかし現代では気密性が良く、断熱性能も格段に進化し、空調で湿度管理も出来るようになっています。

    このような事からも和室のメリットが薄れてきているのでしょう。

    ただ、私のように昭和な人間はどうしても昔のように畳の上でゴロンと横になったりしたいのです。。

    と言う事で、このような商品に人気が集まるのでしょう。

    lineup_p02_0_01300パナソニック 畳が丘

    機能性や利便性を追求する現代ですが、日本の風情がありゆったりとした空間で過ごせる和室の良さを忘れない様にしたいものです。

     

     

  4. あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。

    アイルホームの東でございます。

    アイルホーム株式会社は本日より通常業務にて営業しております。

    話は変わりますが、昨日はスタッフ全員で毎年恒例となっている伏見稲荷大社へ初詣へ行きました。

    fc2_2013-09-22_15-45-36-606

    お稲荷さんの総本山でもあり、外国人観光客の人気NO.1スポットでもある伏見稲荷大社ですが、稲荷山のふもとに本殿があり稲荷山全体が神域になっています。

    本殿での参拝を済ましてから、山頂の一ノ峰を目指してここからはプチ登山です。

    fc2_2013-09-22_15-46-21-610

    標高は233m。正月休み明けの体にはこれがまた地味にきつい。

    fc2_2013-09-22_15-47-02-518

    一心不乱に登り、清々しい汗がかけました。

    fc2_2013-09-22_15-49-38-952

    無事に参拝を済ませ、帰りにおみくじを引いたのですが、なんと「大大吉」

    本年度も良いスタートがきれそうな気がします。

    それではスタッフ一同、よろしくお願い致します。

     

  5. 照明器具

    こんばんは、工務の坂上です。

     

    年内最後の更新になります今回は、照明器具についてお話させていただきます。

     

    当たり前のように点けている部屋の照明。その照明も器具や手法によって温かさ、落ち着き、くつろぎなどさまざまな雰囲気を演出することができます。生活シーンにあわせた照明器具を選べば、暮らしの空間をおしゃれで機能的に演出することができます。

     

    リビングでは「家族みんなでくつろぎたい」。ダイニングでは「料理を囲んで楽しく食事をしたい」。寝室では「ゆっくり静かに。時には落ち着いて読書も」など、家族や自分のスタイルに合ったスペースの使い方を考えてみましょう。イメージを固めることが、それぞれの用途にふさわしい照明器具を見つけるための第一歩です。

     

    ●雰囲気づくりに必要な明るさを考える

    部屋の広さや、そこにいる人が食事や調理、読書などをする時に適切な明るさを考えてましょう。照明は明るければいいというわけではなく、部屋の用途や雰囲気にふさわしい明るさがあります。例えばリビングや寝室などは、少し暗いくらいの方が落ち着くこともあります。

    ●省エネやメンテナンスにも配慮

    照明器具の省エネ性や寿命など、経済性や自然環境への影響度にも配慮したいもの。吹き抜けなど天井の高い部分では、ランプが切れた時の交換のしやすさや、LED照明のようにランプ寿命が長く交換の手間が少ないといった点も大切ですね。

    ●年齢と共に低下する視力のことも考える

    視力の低下は、30代半ばから始まり、ほとんどの人が50代で実感します。ご家族に高齢者がいる場合はもちろん、自分が年齢を重ねたときのことも考えて、必要な明るさを確保しておきたいですね。

     

    はじめにもは話ましたが、照明ひとつでそのお部屋、空間の雰囲気はガラッと変わります。このブログをきっかけに一人一人に合った素敵な照明選びの役にたてればと思います。

     

    本年は当社アイルホームの匠ブログに御付き合いいただき誠にありがとうございます。

     

    来年も匠ブログをよろしくお願いいたします。

  6. 家を建てる前に知っておきたい事

    こんばんは、和田BENです。

    今回は家を建てる前にぜひ、知っておけば損をしない事について投稿したいと思います。

    家を建てるには、「住宅ローン(資金面)」「土地」と並んで大事な「家そのもの」についても充分に学んでおく必要があります。

    まずは、多くの家に触れましょう。家と言っても、外観・内観から構成される「イメージ」、暮らしをどう快適にするかという「間取りその他」に

    大まかに分類されます。

    家そのものについての学びも、ハウスメーカーや工務店、建築家開催のモデルルーム、完成見学会などで得ることができます。

    雑誌やネットで得られる情報は、あくまでもイメージ部分のみ。実際の使い勝手、暮らし心地、使用されている素材の手触りなどはわかりません。

    じっくりと多くの物件を見て回りましょう。多くの物件を見て、実際に家の中を歩き回り、キッチン周りやバスルーム、洗面台、床材など素手や素

    足で触れてみてください。自分だったらどう暮らすのか、という想像力も必要です。造作(作り付け)家具もあると思います。メジャーを持参し、

    「これは使いやすい」というものに出会えたら、きちんとサイズを測っておくのもよいでしょう。

    また、気に入ったものは写真に収めて。実際に相談に入る頃、それらのサイズや写真がとても役に立ちます。弊社建築士の引く図面は、ミリ単位。

    そのため、「だいたいこのくらいで」という伝え方ではスムーズに伝わりません。

    更に、好みのものを伝えることは、言葉では不可能です。好みの建物、好みの食器や雑貨、好みの家具など、自分が「家を建て

    るならこんな感じにしたい!」と思うものをできるだけ多く写真に収めておいてください。抽象的な言葉では伝わらないものが、それらの写真で伝

    えやすくなります。このように家を建てる時には色々な事を考えながら、取り組む必要があると思います。

    後悔しない家づくりを、弊社アイルホームと一緒に進めていきませんか?

  7. 地震に負けない家づくり

    こんばんわ。アイルホームの東です。

    いつどこで起こっても不思議ではない、震度6を超える大地震。

    その時、家族を守ってくれる住まいを選んでほしいという思いから、地震に強い家づくりをめざす「テクノストラクチャーの家」と共に地震について学び、地震に強い住まいを知ってください。そして、愛する家族を、愛する暮らしを、地震から守ってください。

    阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、鳥取県中部地震。

    日本では、これまで幾度も大きな地震に襲われてきました。

    残念ながら、その度に多くの家が倒壊し、多くの命が奪われていきました。

    「神戸市内の死者の死亡原因では83.3%の方が建物の倒壊や家具の転倒を原因とする「窒息死」や「圧死」「頭部や内臓などの損傷」などであった。次に多い死因は火事による「焼死」で12.2%。しかし、この火災をさらに調べてみると、そのほとんどが家の倒壊が原因で火事が起こったり、延焼しやすくなったりし、さらに家の倒壊によって避難できなかったことが、尊い命を奪った理由であることがわかったのだ。
    したがってこれらを合わせると、亡くなった方の何と98〜99%までもが、多かれ少なかれ家の倒壊が原因になっていたのである。すなわち家が倒壊さえしなければ、これらの方々のほとんどが死ななくてすんだといえる。
    さらにこの大震災で亡くなった方の死亡時刻を見てみると、もう一つの重大な事実がわかる。専門性の高い監察医のデータによれば、現場で亡くなった方々の約92%が地震発生後14分以内、すなわち地震が起きて間もなく、すでに命を失っていたのだ。臨床医のデータを加えても14分以内に八割以上が亡くなっている。大地震で倒壊した家のほとんどは地震が起きてわずか5〜10秒で倒壊したと言われている。犠牲者のほとんどが地震発生直後に家が倒壊し、倒壊後すぐに亡くなっていたのだ。大地震はその揺れ自体が怖いのではなく、大地震が起こったときに倒壊する〝家〟が怖いのである。犠牲になった大半の方々は地震で倒れない家をつくっておく以外には、命を救う方法はなかったのである。」

    ※「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」 田鎖郁男・金谷年展(共著)発行:ダイヤモンド社から引用。

    上記の内容でもわかるように、地震で人が死なない対策の第一番は、なんといっても建物そのものの耐震性を確保することであり、つまり木造住宅でも当たり前に構造計算をすることなのです。

    愛する家族を守るために、地震に強いテクノストラクチャーの家を建てませんか?

    その判断が正しかったと思える日が、遠くない未来に必ずやって来ます。

    その時に後悔しないために・・・。

  8. 集成材

    こんにちは 中栄です

    本日は住宅の構造に使用する木材の中でも 集成材 についてお話ししたいと思います。

    以前私がお話ししたことがある 無垢材と違い 集成材は加工された人工の木材の事で、切り分けた木材を接着剤で組み合わせた木材の事言います。

    集成材のメリットは品質が安定しているため扱いやすく、無垢材に比べて割れや反りが出にくいと言われています。

    その理由として木材の持つ大節、割れなどの欠点を製造工程において除去し、小さな節等の許容できる欠点は製品内に分散されることで、強度のばらつきが少なくなり、品質が均一化されます。

    また割れや反りに関しては、木材はもともと水分を多く含んでいるため、乾燥が不充分だと狂い、割れ、反りが生じてしまいます。
    そのため集成材は小さな木片の段階で天然乾燥に加え、機械乾燥を用いて、含水率を下げて狂い、割れ、反りの防止を図っています。
    このような木片を必要に応じて組み合わせて接着集成しますので、強度性能の安定した材料が得られるのです。

    もちろんメリットがあるのですからデメリットもあります。
    集成材は木片を接着するために接着剤を使用します。この接着剤がホルムアルデヒドを発散させると言われていますが、現在流通している接着剤はシックハウス対策が施されていますので一概に体に悪いとは言えません。

    また、耐久年数が心配だとも言われていますが、現在のJAS規格で認められている接着剤を使い、基準を守って作った集成材であれば、一般的な使用環境なら70~80年は当然で、それ以上もつだろうと言われていますのでこの点も問題ないのではないでしょうか。

    テクノストラクチャーでは安定した強度が実現できる集成材を柱として採用し、集成材の基準強度等の数値(国土交通省告示により定められている数値)を利用して構造計算を行っています。
    ムク材は材料ごとに強度のばらつきがあり、構造計算の根拠となる部材の強度が算出できないため、構造計算を行うことができません。そのため、構造部材としての柱にムク材は使用しないこととしています。

    このようにアイルホームでは構造にとことんこだわった住宅をご提供していますので、ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

  9. 木造建築

    こんばんは。工務の坂上です。本日は木造建築についてお話したいと思います。

    鉄筋コンクリ-トや鉄骨造といった木造以外の構造が住宅に使われるようになって、かなりの期間が経ちますが、日本ではまだまだ木造住宅が大半を占めています。

    「新しく建築される住宅は、鉄筋コンクリートなどのほうが多いのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、実は現代でも新規着工の住宅のうち約55%は木造住宅です。

    木ははるか昔から、人々の生活をあらゆる角度で支えてきた素材です。
    住居に関しても例外ではなく、旧石器時代から、竪穴式住居に木は用いられてきました。
    これだけ長い間、人に愛され続けてきた木という素材のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

    まず、メリットから

    1、木は人にやさしい

    「森林浴」という言葉があるほど、木には生物をリラックスさせ、安心感を与える効果があります。
    人は、古くから木材に囲まれた生活を送ってきたため、本能的に木がまわりにあると落ち着くのです。

    また、鉄骨などに比べて断熱性に優れているため、「夏は涼しく、冬は暖かい」といった、より心地よい家づくりをすることができます。

    2、建築コストが割安

    木造住宅は、鉄筋コンクリートや鉄骨など他の構造住宅に比べてコストが低いです。
    理由として、鉄骨に比べて木材は材料費が安くなります。

    また、ほかの構造と比べて工期が短いというのもあります。
    工期が短いということは、人件費が抑えられるということになり、建築会社に支払うお金も安くなります。

    しかし、一概に木造が安いというわけではありません。
    使用する木材の種類や大きさ、造作家具、内装のこだわりによって建築費が上下するということも覚えておいてください。

    デメリット

    1、水に弱い

    木材の天敵は湿気です。

    元来、木材は湿気に強いものですが、湿気を長く帯びたままだと
    「木材腐朽菌」と呼ばれるものが発生してしまい、それらが木材の成分であるセルロースなどを
    分解してしまうことで、いわゆる「腐る」という現象が起きてしまうのです。
    特に、地面から上がってくる湿気に影響されやすい床下部分は、最も通風を気にしなければいけない箇所です。

    2、職人の腕によって仕上がりが左右される

    木材自体は工場でプレカットされたものを使うのが主流なので材料自体にばらつきはないのですが、木造住宅、とくに木造軸組工法では、大工さんが木材の組み上げや、細部の加工を行います。

    そのため、大工さんの腕によって、家の最終的な仕上がりが変わることになるので、腕の良い職人さんと提携しているかという部分も業者選びのポイントになります。

    最後に
    安心する・居心地の良い家に住みたいというのは誰しもの願いです。そんな家の実現に非常に有効なのが、木造建築の家なのです。

    建築費が抑えられたり、将来的に増改築を行いやすいというメリットももちろん大きいのですが、最も大きなメリットは、木に囲まれた生活ができるという部分です。

  10. 間取りの後悔部分

    こんばんは、和田BENです。
    今回は家づくりの楽しみであり、又重要でもある「間取り」、しかし失敗すると後悔はずっと続いてしまいます。
    そこで失敗しないために知っておきたいことについて、投稿したいと思います。
    その内容はたくさんありますが、やはり70%を超える割合であがってくるのが「配線及びコンセント位置」では
    ないでしょうか。その中で少しだけ例を紹介しますと、
    1.キッチン廻りのコンセントの数
    2.玄関のスイッチ位置が悪い
    3.家具の配置によるコンセント位置
    やはりこのような項目は図面上(平面)では、中々理解しづらいかと思います。
    しかし、失敗しないために知っておきたいことといえば使う家電を図面に書き込み、使う場所に必要な数があるか確認することにより、この失敗は防げるのではないでしょうか
    このようにこれから家づくりを考えておられる方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。
    詳しくは弊社、スタッフまで・・・よろしくお願い致します。

    K-B

    K-B

物件情報

アイルの匠ブログ(月別)

ページ上部へ戻る