ブログ

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 耐震等級

    こんにちは 工務部の中栄です

    先般大きな地震が発生いたしましたが、皆様はご無事でしたでしょうか。

    そのこともあり、本日は耐震等級についてお話しします。

    皆様は 耐震と聞いてどんなことを想像されますか?

    読んで字の如く 地震に耐える と言う事です。

    耐震等級は地震に耐えるための等級と言う事になります。

    まず、耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、 耐震等級3が最高等級となっています。(アイルホームではこの最高等級3が標準です)

    耐震等級1・・・建築基準法(法律)と同程度の建物

    耐震等級2・・・等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる

    耐震等級3・・・等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

    耐震等級1で言う 建築基準法に制定されている建物とは、

    震度6強から震度7程度の地震に対して、倒壊・崩壊しない。

    震度5強程度の地震に対して、損傷しない。

    と、言う事になっています。

    なので今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。

    ただ、これもあくまで確率的な問題になるので、実際に生じる地震の「性質」によって、 変わるのであくまで目安と思って貰えたらと思います。

    これだけ見ると耐震等級をあげて、建物を固めることで安全性を高めることが良いと言う風にとらわれがちですが、建物を固くすればするほど、地震の揺れはモロに家の中に伝わる事になります。

    ですから、家の中にいる人や家具などは、モロに地震の揺れを受ける事になります。

    それを防ぐためには家のバランスが重要だと言うことになります。

    アイルホームで建築しているテクノストラクチャー工法では、耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」の厳しい基準を用いて全体的な壁配置をチェックしています。( 偏心率とは、 建物の重さの中心(重心)と堅さの中心(剛心)のずれ具合を表します。)

    厳しい基準をクリアしたテクノストラクチャー工法 皆様一度見に来てください。

    きっと気に入ってもらえるはずですよ。心よりお待ちしております。

     

  2. 屋根材

    こんにちは

    工務部の野口です。
    今回は、屋根材についてお話したいと思います。

    「新築時や葺き替え時の屋根材は、どれが一番いいのだろう?」これは本当に悩むところですよね。
    屋根は、室内を雨風から守ってくれる住宅の基本構造の1つです。しかも一番厳しい気象環境に晒されるのが、
    住宅建材の中でも屋根材です。

    一般的に屋根材で使われているのは細かく分類するともっとたくさん分けることが出来ますが
    大きく分類するとスレート、瓦、ガルバリウム鋼板があります。

    スレート

    スレートとは、本来、粘板岩を薄く加工した板を指します。粘板岩を材料とするのが「天然スレート」と
    呼ばれるのに対して、セメントと人工繊維や天然繊維を材料にして薄く加工後、着色塗装したものを
    「化粧スレート」と呼ばれています。
    スレートの特徴は、日本瓦に比べて軽量であること、そして、温暖差による収縮も少なく、
    比較的安価であることがスレート屋根材の大きな特徴と言えます。
    長い目でみると、メンテナンスが必要でコストもかかりますが、色合いもバリエーションが豊富にあり、
    お好みの色を選ぶことができるので、色にこだわりがある方には打ってつけの屋根材です。
    デザインもスッキリとしていて軽快感があり、人気の屋根材になっていますよ。

    日本瓦は、粘土を成型して焼いた瓦です。そのため、他の屋根材より重量が重くなりますので、
    住宅の耐震性にも考慮して日本瓦を慎重に選ぶ必要があると言われています。
    一方、日本瓦は、断熱性や遮音性に優れ、瓦自体は半永久的に使うことのできます。
    また、表面は耐久性が高く、色合いも半永久的にメンテナンスが不要です。ただ、瓦自体にメンテナンスが必要ないものの、
    漆喰部分には、やはりメンテナンスが必要になります。

    最近では、KMEWから”ROOGA”と呼ばれる陶器瓦のように見える屋根材が出ています。
    KMEWでは「樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦」としていて「繊維補強セメント瓦」=「スレート」になります。
    つまり、ルーガの主成分はスレートのコロニアルと同じです。
    そのため「厚型スレート」として分類する人もいます。
    「コロニアルをパワーアップさせた陶器瓦のような成型を施した屋根材」としてイメージしてください。

    ガルバリウム鋼板

    ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛とシリコンで鉄板を両面から加工した鋼板で
    1972年にアメリカで開発された新しい金属素材です。
    ガルバリウム鋼板は仮にメッキ部分が傷ついても、ガルバリウム鋼板に含まれている亜鉛が、
    鋼板より先に錆び始め、表面を覆い、鋼板が錆びることを防ぎ、この仕組みで大変 耐食性に優れています。

    このように屋根材にもメリット、デメリットがありますが
    好みやお家のデザインに合わせて選んでみるのもいいですね。

  3. 地域活性化

    こんばんわ。東でございます。

    今回は地域活性化について少しだけ・・・

    空き家リノベ・エリアリノベは地域の設計事務所や工務店の新たな仕事となっています。だが、地域活性化の本丸は地域に住む・働く人を増やすこと、地域で遊び・学ぶ人を増やすことです。地域のつくり手はこうした人が増えない限り、自分たちの仕事も増えません。地元への貢献も含めて利幅が薄くても関わりながら、住宅関連の仕事が生まれた際はしっかりと受注しないといけない。

    遊ぶ・学ぶ人として期待できるのは、2020年までに現在の2倍、4000万人規模を国が目指す訪日外国人です。その国内消費額は現在で年間3.5兆円、2020年に8兆円、30年には15兆円を目標としています。日本の住宅投資が全体で年間15兆円前後と考えると実現すれば巨大な市場で、地域にとってビックチャンスということがわかると思います。

    外国人が期待するのは日本そして地域固有の文化、固有の建築・街並みです。いわば地域の伝統建築や民家は15兆円を呼び込む金の卵で、それを維持改修する職人やデザイナーは金の卵を産むガチョウ。国や地方自治体もその視点で、伝統建築や民家の利活用に、職人やデザイナーの育成に本気で取り組むべき時だと感じます。

  4. 吹付断熱

    こんにちは。アイルホーム工務部の坂上です。

    地震に引き続き、台風、大雨と多くの天災に遭遇してますが、皆様ご無事でしょうか?

    今回は吹付断熱についてお話したいと思います。

    弊社ではアクアフォームを施工しておりますので、そのお話をさせていただきます。

    まず、

    ・吹付断熱(アクアフォーム)とは?

    泡状の断熱材です。
     温室効果の大きいフロンガスを使わず、水と混ぜ合わせることによって膨らみ、固まると硬質ウレタンになります。
     作業現場で、アクアフォームの原材料を混ぜ合わせて、霧のようなもので吹付をします。

    ・どういったところに施工するのか

    基本的に外部に接する面に施工します。
    他に屋根部分ですと、屋根に直接吹き付ける「屋根断熱」 天井に吹き付ける「天井断熱」とがあります。
    これは通気の取り方によって変わりますので、特に吹き付け方を気にされなくてもいいと思います。

    ・吸音性、防音性

    発泡性の水を吹き付けるため、気密性が高いため防音効果が高いです。
    また、他のウレタン素材と比較してもアクアフォームの方が防音効果があると言われてます。

    ・耐久性

    発泡性の泡のようなもの。と思われる方が多いので、だんだんとしぼんでくるのでは?という心配の声もあります。
    結論から言うと「劣化はしません!」
    アクアフォームを取り扱う日本アクアさんでは、アクアフォームの経年劣化の実験をしているそうです。実験による結果、劣化がないと証明できたそうです。

    デメリット
    ・火に弱い

    それ自体が燃えないグラスウールと違い、アクアフォームは燃えて墨になってしまいます。
    これを怖い!という声もありますが、断熱材まで火が届いてしまうような火事だったら、もう手遅れだという声もありました。

    ・シロアリに注意

    アクアフォームの噂で、一番怖いなと思ったのはシロアリです。
    アクアフォームのような発泡ウレタンは、シロアリの大好物なんだそうです。
    シロアリに食べられてしまえば、気密性もなくなってしまいますし、修繕も大変ですよね。

    アクアフォームを施工の際はシロアリ対策は欠かせないですね。

    以上で、吹付断熱について簡単に説明いたしました。
    新築を建てる際には、是非目にしていただくのも良いかもしれませんね。

  5. 建物のバランス

    こんばんは和田BENです。

    今回は建物のバランスについて投稿したいと思います。
    建物が地震の揺れを受けた時に剛心と重心が重要になってきます。

    剛心とは建物の、強さの中心のことをいいます。
    建物には重さの中心としての「重心」がありますが、それとは別に、たとえば地震の時に、その地震に耐えようとする、その建物が持っている強さの中心点があります。これを「剛心」と呼びます。
    地震などで、建物に水平の力が加わった時、その力は重心にもっとも強く働くことになります。しかし、建物の一番強い部分は剛心であるため、重心と剛心の距離が離れていると、そこに「ねじれ」が生じて建物に損傷を与えてしまいます。
    これを避けるためには、耐力壁などをバランスよく配置して、重心と剛心の距離を近づけてやることが必要となります。

    家がねじれるということについて、振り子に例えて説明すると、「重心」は重りで、「剛心」は支点といえます。支点と重りが遠く離れれば、当然、家は大きく揺さぶられ、ねじれることになり、最悪の場合は、倒壊する可能性があるわけです。

    このように耐震性を増す為に筋交いをたくさん入れて補強すればいいと勘違いされている場合がありますが、実はそれだけでは
    ないのです。

    これからの住宅はやはり地震に強い家が求められています。新築及び耐震改修を考えておられる方はぜひ弊社まで問い合わせを
    お待ちしております。

  6. 大阪北部地震

    こんにちは工務部の中栄です

    このたび大阪北部で震度6弱の地震が発生しました。

    被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方とそのご家族には心よりお悔やみ申し上げます。

    今後しばらくの間は余震の危険性もあります。皆様には十分な地震対策をお願いいたします。

    当社アイルホームは高槻市を中心とし、 茨木市 寝屋川市 枚方市 等に多数のお客様がおられます。

    被災地のお客様には一軒一軒安否連絡とご訪問をさせて頂き、ほとんどのお家で無事を確認させて頂きました。

    また、新築住宅のお客様以外にもリフォームのお客様や、OB施主様のご実家などでも屋根瓦が破損するなどの被害に合われた方も居られました。

    今後も引き続き微力ではございますが皆様のお力になれればと思いますので、ご連絡をお待ちいたしております。

    今後の余震などに備え、少しですが防災対策をご紹介しておきます。

    地震の後に一番怖いことは火災です。

    二次被害を防ぐためにもガスの元栓を閉め、分電盤のブレーカーを落としましょう。

    家具なのど下敷きを防ぐためにも重いものは予め下におろし、大きなタンスなどは転倒防止対策はしっかりしましょう。

    今回の地震で皆様声をそろえて言われることは、カップボードの耐震ラッチのおかげで食器が全く落ちてこなかったし割れなかったと言う事です。

    避難の際に割れた食器やグラスで足を怪我する事も考えられますので、耐震ラッチの付いていない食器棚などは市販の耐震ロックや、ない場合はゴムひもで取っ手を縛っておくことも有効です。

    地震が起こった後にもするべきこともあります。

    大きな揺れが起こった時は建物が歪むこともありますので、玄関扉は開けておきましょう。

    但し、慌てて外に出ないで周りの状況を把握しましょう。

    揺れている最中は屋根瓦や外壁の落下や、電柱の倒壊などもありますので十分注意して下さい。

    その他ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

    一日も早く余震の不安のない日常が訪れるよう、お祈り申し上げます。

     

  7. 基準地価動向

    こんにちわ。東でございます。

    今回は基準地価動向について少しだけ・・・

    2017年の基準地価を見ると、全体的には底入れしたと言えます。住宅地は26年連続のマイナス(対前年比▲0.6)だが、地方圏1万573地点のうち1583地点が上昇。前年より255増えた。下落率2.9%で全国ワーストの秋田県でも上昇地点が昨年の1から6に増加してます。

    ただし、住宅地は選別的二極化が続いており需要がある人気エリア、開発や区画整理が進むエリアは上昇しており不人気エリア、高齢者・過疎化が進むエリアは下落してます。2018年以降もこの動向は変わらないと思われます。

    首都圏の都心マンションは中国人需要もありバブルと言われるほど価格が上昇、暴落も懸念されています。住宅地でも人気エリアは価格上昇が続いており、購買力限界を超えて価格が上昇すると周辺部への需要シフトが起きて高額物件は売れ残り、その後価格調整が進む。2017年にその兆しが見られたが、2018年も調整が続くと思われます。だが、暴落というレベルでの下落はないのではないでしょうか。

    一方で、2018年は首都圏以外の住宅地では人気エリア・コスパエリアの争奪戦が加速します。特に飯田GHDは各県での分譲シェア50%を掲げており、その土地取得意欲は依然旺盛です。土地付け・用地取得力が販売量を左右する市場環境が続くと思われます。

  8. 長期優良住宅

    こんにちは!
    工務部の野口です。

    今回は、長期優良住宅についてお話したいと思います。
    皆さん、”長期優良住宅”という言葉聴いたことはありますでしょうか。

    私自身も、この建築業界に入ってから耳にするようになった言葉なんですが、

    「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は2009年(平成21年)6月4日に開始された制度です。
    長期優良住宅は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、
    環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、
    より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としたものです。

    長期優良住宅制度の目的をおさらいすると
    ・環境問題に貢献
    ・消費者の住宅取得費の軽減
    ・中古市場の活性化
    ・ストックビジネス(点検・リフォーム・中古住宅の売買)など

    ちなみに、”長期優良住宅”に必要な条件もしっかりあります!

    1、 耐震性
    地震に強く、倒壊しにくい安心の家

    2、耐久性能(劣化対策)
    構造や骨組みのしっかりした長く住める家

    3、維持管理・更新の容易性
    メンテナンスの容易な家

    4、住戸面積
    必要な広さが確保された、暮らしやすい家

    5、 省エネルギー性
    地球にやさしく、家計にもやさしい家

    6、 居住環境
    地域のまちなみと調和した家

    7、維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
    「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

    このなかでも、維持管理の部分に注目してみると
    長期優良住宅のお家は配管の方法も従来のお家と比べると
    配管が通っているコンクリートを壊さなくても配管の抜き差しができるので
    構造躯体に影響を及ぼすことなく、専用配管の点検及び、補修が可能になっています。

    長期優良住宅はお家にとっても、お家を建てる消費者にとっても、環境にとっても
    いい制度になっています。

    ちなみに、アイルホームのお家は
    標準仕様が”長期優良住宅”のお家になっていますよ!

    皆様にとって良いお家づくりをしていただきたいと思います♪

  9. 上棟式

    こんにちわ。工務部の坂上です。

    今回は、上棟式についてお話します。

    そもそも上棟式とは
    ・棟木があがったことを喜び、感謝する場
    ・今後の工事の安全祈願
    ・職人さんたちへのねぎらいを伝える場

    です。

    基礎工事が終わり、木材が搬入され木工工事が始まります。

    いよいよ家の骨組みを組み立てる上棟(建て方)です。

    棟木があがったら、「建前」「棟上げ」とも呼ばれる上棟式を行います。

    上棟式は地鎮祭と違い、儀式というより無事に棟があがったことを喜び、感謝するお祝い。

    そのため、最近では神主さんにお願いせず、棟梁が代行して執り行うことも多くなっています。

    ですが、最近では上棟式を行わない人が増えてきています。

    確かに準備が忙しいですし、お金もかかります。

    ですが、今後安心して生活できる家を建ててくれる職人さんたちをねぎらい、今後の工事の安全を祈願するためにも、何らかの形で感謝の意を示したほうが、職人さんたちにも引き続き気持ちよく仕事をしてもらえると思います。

    上棟式をしない場合は、「略式」だけでも検討されてみてはいかがでしょうか。

    実際、上棟式を行う際に何を準備すればいいのでしょうか

    上棟式は「大安」「先勝」「友引」などの吉日を選びます。

    ただし日曜日は避けましょう。日曜日の朝早くからの作業騒音は近所迷惑になりますし、本来は職人さんが体を休める日でもあるからです。

    【上棟式に向けて準備するもの】
    基本的には
    ・棟梁や職人さんへのご祝儀
    ・お神酒を1升瓶で2本
    ・米
    ・塩
    ・宴会の料理(宴会を行わないなら、折詰とお酒を用意)

    地域によって準備するものが異なることがあるので事前に確認しておくと安心です。

    次に上棟式の流れ

    建て方、棟があがる
    1、棟梁が棟木に幣串をたてる
    2、骨組みに板を渡し祭壇をつくる
    3、➀上棟式
      ➁祭壇清めの儀
      ➂お祓いの儀
      ➃降神の儀
      ➄四方がための儀
      ➅お神酒を出席者全員でいただきます。(地域によっては、施主が棟木から餅をまきをします。)
      ➆施主が挨拶し、乾杯して宴会
      ➇棟梁へご祝儀を渡す
      ➈手締めで会を締めます
      ➉幣串と棟札を祭壇からさげ、祈願して屋根裏に納めます

    このような流れになります。

    上棟式をしない方が増えている状況ですが、意味だけでも理解していただくと、今以上に家づくりに興味がもてると思います。

  10. 許容応力度計算

    こんばんは、和田BENです。

    今回は許容応力度計算について投稿いたします。

    許容応力度計算とは、小規模な建築物に用いられる構造計算の方法のことです。

    建築物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を

    算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較するというものをいいます。

    一般的な2階建て以下の木造軸組構法住宅のほとんどは、建築基準法上「4号建築物」と呼ばれる建築物に該当します。

    4号建築物は、建築基準法において、確認申請の審査を簡略化することが認められており、

    これは俗に「4号特例」と呼ばれ、建築士が設計していれば提出図書の省略などが認められます。

    しかしこれは、構造安全性のチェックを行わなくてもよいという意味ではなく、

    「チェックを行う必要はありますが確認申請の審査において、簡略化が認められている」という意味です。

    4号建築物では、荷重・外力に基づいた「許容応力計算」などの構造計算は求められていませんが、

    テクノストラクチャーでは建築基準法で決められているひとつ上の事を検討して、皆様に安心してお引渡ししております。

    ぜひ、これから住宅を検討されている方はワンランク上の構造で建てていきませんか?

物件情報

アイルの匠ブログ(月別)

ページ上部へ戻る