ブログ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

間接照明と直接照明

こんにちは。工務部の坂上です。

インテリアの情報を集めているときに、「間接照明」と「直接照明」というキーワードを目にしたことはありませんか?

間接照明と聞くと、何となくおしゃれなイメージがありますが、「具体的に説明して」と言われても、なかなか答えられませんよね。

そこでこの記事では、間接照明と直接照明のそれぞれの特徴の違いをお話しします。

まず、間接照明の特徴とは、天井や壁面、物などを照らす光のこと。空間の一部を照らすことを目的としているので、「部分照明」「補助照明」という呼び方もあります。

間接照明は、人や床を直接照らすのではなく、天井や壁を照らした反射で空間全体をやわらかく包み込みます。

また、直接照明に比べると、間接照明は少し暗いと感じます。しかし、間接照明は人に光が当たらないので、リラックスされる効果を与えます。

日本人はシーリングライトに見られる直接照明に慣れてしまっていますが、寝室のようなくつろぎを目的とした空間には、間接照明が求められています。

また、リビングで映画を見るときや、雰囲気のある空間で食事を楽しみたいときにも、間接照明が適しています。

次に直接照明です。直接照明とは、天井から人や床に向かって直接光を当てる光のこと。部屋全体を照らることを目的としているので、「全体照明」「主照明」と呼ばれることもあります。

直接照明は、人や床を直接照らし、手元や足元まで明るくしてくれます。

人や動物は、光が直接当たると緊張します。昼間の太陽の光が良い例。人は、日が沈む前までは活動的で、夜になると落ち着きますよね。

直接照明は、この太陽の光を再現している明かりなのです。「働け、働け」と命令し、活動モードにさせているのです。学校やオフィスなどでは、間接照明ではなく直接照明を取り付けている理由は、人を活動的にさせる目的があります。

このように間接照明と直接照明は、照らし方に違いがあります。

照らし方が違うと、感じ方や部屋の居心地にも影響します。シーンに応じた使い分けをし、住みよいお部屋づくりをいたしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る