ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

許容応力度計算

こんばんは、和田BENです。

今回は許容応力度計算について投稿いたします。

許容応力度計算とは、小規模な建築物に用いられる構造計算の方法のことです。

建築物にかかる固定荷重や積載荷重に地震力などの長期荷重、及び短期荷重を想定して応力(部材等の内部に生じる抵抗力のこと)を

算出し、それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるかどうかを許容応力度(限界点)と比較するというものをいいます。

一般的な2階建て以下の木造軸組構法住宅のほとんどは、建築基準法上「4号建築物」と呼ばれる建築物に該当します。

4号建築物は、建築基準法において、確認申請の審査を簡略化することが認められており、

これは俗に「4号特例」と呼ばれ、建築士が設計していれば提出図書の省略などが認められます。

しかしこれは、構造安全性のチェックを行わなくてもよいという意味ではなく、

「チェックを行う必要はありますが確認申請の審査において、簡略化が認められている」という意味です。

4号建築物では、荷重・外力に基づいた「許容応力計算」などの構造計算は求められていませんが、

テクノストラクチャーでは建築基準法で決められているひとつ上の事を検討して、皆様に安心してお引渡ししております。

ぜひ、これから住宅を検討されている方はワンランク上の構造で建てていきませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る