ブログ

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

耐震等級

こんにちは 工務部の中栄です

先般大きな地震が発生いたしましたが、皆様はご無事でしたでしょうか。

そのこともあり、本日は耐震等級についてお話しします。

皆様は 耐震と聞いてどんなことを想像されますか?

読んで字の如く 地震に耐える と言う事です。

耐震等級は地震に耐えるための等級と言う事になります。

まず、耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、 耐震等級3が最高等級となっています。(アイルホームではこの最高等級3が標準です)

耐震等級1・・・建築基準法(法律)と同程度の建物

耐震等級2・・・等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる

耐震等級3・・・等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

耐震等級1で言う 建築基準法に制定されている建物とは、

震度6強から震度7程度の地震に対して、倒壊・崩壊しない。

震度5強程度の地震に対して、損傷しない。

と、言う事になっています。

なので今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。

ただ、これもあくまで確率的な問題になるので、実際に生じる地震の「性質」によって、 変わるのであくまで目安と思って貰えたらと思います。

これだけ見ると耐震等級をあげて、建物を固めることで安全性を高めることが良いと言う風にとらわれがちですが、建物を固くすればするほど、地震の揺れはモロに家の中に伝わる事になります。

ですから、家の中にいる人や家具などは、モロに地震の揺れを受ける事になります。

それを防ぐためには家のバランスが重要だと言うことになります。

アイルホームで建築しているテクノストラクチャー工法では、耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」の厳しい基準を用いて全体的な壁配置をチェックしています。( 偏心率とは、 建物の重さの中心(重心)と堅さの中心(剛心)のずれ具合を表します。)

厳しい基準をクリアしたテクノストラクチャー工法 皆様一度見に来てください。

きっと気に入ってもらえるはずですよ。心よりお待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る