ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

耐震と制震

こんにちは 工務部の中栄です

本日は 耐震と制振についてお話しします。

まず耐震とは?

文字通り、地震という揺れに対して「耐える」ことを目的としています。

壁や柱を強化したり補強材を入れたりすることで、建物自体の強度を上げて地震の揺れに対抗する工法です。

多くの住宅で採用されている工法で、地震が起きた際に建物が倒壊せず、住人が避難できることを前提とした構造になっています。

とにかく、壁をがっちりと固めてしまうことで、家全体を守ることが目的なのです。

そのため、地面からの揺れを建物全体にダイレクトに伝えてしまうデメリットが存在します。

遠心力と同じ原理で、地面から遠い場所(2階・3階)で揺れが大きくなる側面があります。

家の内部もちょっとした揺れであっても伝播しますから、家具が移動したり、棚にしまってある物が落ちてきたりといったことが起こりがちです。

次に制震ですが

揺れはエネルギーであるとし、それを別のエネルギーに変換することを目的とします。

一般的には外壁と内壁との間に、ゴムや筒に入ったオイルからなる「制震ダンパー」をいれこむことにより、これらの弾性を利用し揺れを吸収し、熱エネルギーへ変換することで家にしなりを持たせます。

繰り返しの揺れに強い(建物の傷みが少ない)とされていて、2階・3階以上部分の揺れが少ないのが特徴です。

これまでは高層ビルなどで利用されてきた技術ですが、最近では一般の戸建て住宅にも活用されるようになってきました。

地震だけでなく、台風(強風)からくる揺れにも有効に働きます。

コストも免震ほどかからないので、比較的ハードルの低い地震対策といえるでしょう。

テクノストラクチャーでは以前にもご紹介しました 制震システム「テクノダンパー」がございます。

地震の揺れを吸収する「テクノダンパー」はテクノストラクチャーの耐震構造と組み合わせることで、一般木造住宅と比べ最大約70%揺れを低減するとも言われております。

地震大国と言われる日本に居住する限り、揺れに対する備えは必須です。

新築住宅購入やリフォームをお考えの皆様は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

アイルホームではいつでもご相談お待ちいたしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る