ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

災害対策

こんにちは。工務部の坂上です。

最近地震や台風など日本列島に大災害が多く訪れ、甚大な爪痕を残しています。

また、今後30年以内に7~8割の確率で南海トラフ地震が発生するとも言われています。

ここで、皆様は地震対策はどの程度されているでしょうか?

今回簡単に説明させていただきます。

まず、家具の置き方、工夫していますか?
阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

•家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう
•寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう
•手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう

食料・飲料などの備蓄、十分ですか?
 電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。
 防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
•飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
•非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
•トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など
※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?
 自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。
非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

これぐらいは準備として必要だと思われます。
他には避難経路の確認、家族の安否の確認方法など細かく上げればキリがないです。

一度、ご家庭で話し合いの場を設けるのもいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る