ブログ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

木材

こんにちは 工務部の中栄です

本日は木材についてお話しします。

建築に使う木材と言っても使用する場所や用途によって様々な種類の木材を使い分けています。

例えば構造材。
床下に使用する土台などは上に立てられる柱から下に押される力が加わる減り込みや、その他横圧縮の耐えなければならない事や、長期の水湿に耐える事から ヒノキ材を使用することが多いかと思います。

柱材は、上からの圧縮力に耐え、地震のとき発生する引張り力にも耐えなければなりません。
アイルホームでは品質が安定していて、品質や強度にばらつきが少ない集成材を使用しています。
もちろん集成材が優れているからと言う事ではありません。
天然の無垢材はやはり素晴らしい材料なのですが、成長の過程や育った環境などにより強度にばらつきが出ていたり、天然材であるがゆえに無垢材特有の反りやゆがみも出てきます。一昔はそれも木材の味の一つだったのですが、精密に作られる現代の住宅には少し向いていないような気がします。

桁材 梁材については もう何度もこのブログやHPなどでご紹介していますパナソニック耐震工法 テクノビームを採用しています。
このテクノビームは木材の弱点を鉄骨でカバーすると言う、まさにハイブリッドな材料なのです。
ただ、今回は木材についてのお話しなのでテクノビームのお話はまたの機会にさせて頂きます。
一般的に水平方向の梁は、両端を下層の柱が支えてくれますが、中間点では上からの曲げの力に耐えなければなりません。なので粘りの強いマツやカラマツが使われます。コストを考えて一般の住宅には米松が使われることが多いようです。

構造材以外にも
和室造作材や床材、階段材、建具材、等々。木材を使用する箇所は数えきれない位あります。
その一つ一つに用途に合った木材があるのです。

最近の住宅では木材のほとんどが隠れてしまう大壁工法が多くなっているのですが、木造住宅に住むのですからどこか遊び心をもって、木材の持つ魅力をだせる住宅を作って行きたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る