ブログ

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

建物のバランス

こんばんは和田BENです。

今回は建物のバランスについて投稿したいと思います。
建物が地震の揺れを受けた時に剛心と重心が重要になってきます。

剛心とは建物の、強さの中心のことをいいます。
建物には重さの中心としての「重心」がありますが、それとは別に、たとえば地震の時に、その地震に耐えようとする、その建物が持っている強さの中心点があります。これを「剛心」と呼びます。
地震などで、建物に水平の力が加わった時、その力は重心にもっとも強く働くことになります。しかし、建物の一番強い部分は剛心であるため、重心と剛心の距離が離れていると、そこに「ねじれ」が生じて建物に損傷を与えてしまいます。
これを避けるためには、耐力壁などをバランスよく配置して、重心と剛心の距離を近づけてやることが必要となります。

家がねじれるということについて、振り子に例えて説明すると、「重心」は重りで、「剛心」は支点といえます。支点と重りが遠く離れれば、当然、家は大きく揺さぶられ、ねじれることになり、最悪の場合は、倒壊する可能性があるわけです。

このように耐震性を増す為に筋交いをたくさん入れて補強すればいいと勘違いされている場合がありますが、実はそれだけでは
ないのです。

これからの住宅はやはり地震に強い家が求められています。新築及び耐震改修を考えておられる方はぜひ弊社まで問い合わせを
お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る