ブログ

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

屋根材

こんにちは

工務部の野口です。
今回は、屋根材についてお話したいと思います。

「新築時や葺き替え時の屋根材は、どれが一番いいのだろう?」これは本当に悩むところですよね。
屋根は、室内を雨風から守ってくれる住宅の基本構造の1つです。しかも一番厳しい気象環境に晒されるのが、
住宅建材の中でも屋根材です。

一般的に屋根材で使われているのは細かく分類するともっとたくさん分けることが出来ますが
大きく分類するとスレート、瓦、ガルバリウム鋼板があります。

スレート

スレートとは、本来、粘板岩を薄く加工した板を指します。粘板岩を材料とするのが「天然スレート」と
呼ばれるのに対して、セメントと人工繊維や天然繊維を材料にして薄く加工後、着色塗装したものを
「化粧スレート」と呼ばれています。
スレートの特徴は、日本瓦に比べて軽量であること、そして、温暖差による収縮も少なく、
比較的安価であることがスレート屋根材の大きな特徴と言えます。
長い目でみると、メンテナンスが必要でコストもかかりますが、色合いもバリエーションが豊富にあり、
お好みの色を選ぶことができるので、色にこだわりがある方には打ってつけの屋根材です。
デザインもスッキリとしていて軽快感があり、人気の屋根材になっていますよ。

日本瓦は、粘土を成型して焼いた瓦です。そのため、他の屋根材より重量が重くなりますので、
住宅の耐震性にも考慮して日本瓦を慎重に選ぶ必要があると言われています。
一方、日本瓦は、断熱性や遮音性に優れ、瓦自体は半永久的に使うことのできます。
また、表面は耐久性が高く、色合いも半永久的にメンテナンスが不要です。ただ、瓦自体にメンテナンスが必要ないものの、
漆喰部分には、やはりメンテナンスが必要になります。

最近では、KMEWから”ROOGA”と呼ばれる陶器瓦のように見える屋根材が出ています。
KMEWでは「樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦」としていて「繊維補強セメント瓦」=「スレート」になります。
つまり、ルーガの主成分はスレートのコロニアルと同じです。
そのため「厚型スレート」として分類する人もいます。
「コロニアルをパワーアップさせた陶器瓦のような成型を施した屋根材」としてイメージしてください。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛とシリコンで鉄板を両面から加工した鋼板で
1972年にアメリカで開発された新しい金属素材です。
ガルバリウム鋼板は仮にメッキ部分が傷ついても、ガルバリウム鋼板に含まれている亜鉛が、
鋼板より先に錆び始め、表面を覆い、鋼板が錆びることを防ぎ、この仕組みで大変 耐食性に優れています。

このように屋根材にもメリット、デメリットがありますが
好みやお家のデザインに合わせて選んでみるのもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る