ブログ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

屋根の種類

こんばんは!工務部の野口です。
今回は、屋根の種類についてお話したいと思います。

皆様、屋根の形にも種類があることはご存知でしょうか。
屋根の形は代表的なもので、寄棟(よせむね)、切妻(きりづま)、方流れが
あります。

屋根は、好みやデザイン、地域によって様々な選択肢があります。
さらに、屋根の形にはそれぞれにメリットがあります。

寄棟は切妻屋根を更に2つに切ったので、4面の屋根から構成されています。
その為、見た目に変化があってカッコよい屋根と言えます。
また形状的に複雑な部分がない為、雨漏り等の発生起因が無いので雨漏りリスクも少ない屋根の形です。

寄棟屋根は積載荷重や風圧荷重等、様々な荷重により大きな負担を受けてしまいます。
屋根が4面ある分、片流れや切妻と比べると力が分散しやすいので、建物への余計な荷重の負担を与えず済みます。
一見、寄棟屋根の方が雨漏りがしそうですが、棟の納まりをきちんとする事で雨漏りはしません。
なので耐震的にも利点が高く、地震が心配と言う方にはおすすめの屋根です!

切妻屋根は、屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの面が本を伏せたような山形の形状をして
傾斜している屋根のことです。
切妻のメリットは、洋風でも和風でもどちらの雰囲気のお家でも対応できることや
屋根の面積が広い分、設置面積が広いので太陽パネルを乗せる方におすすめです!

方流れ屋根は、シンプルで最近のお家に多いイメージです。
さらに雪の降る地域では、雪が溶けやすく、雪の落下場所が予測できる
というメリットもあります。
ちなみに、方流れの屋根も太陽光パネルを乗せるのにおすすめです!

このように、屋根には様々なメリットやデメリットなど
ありますが是非ご自分のお好きな屋根の形を選んで
お家作りをしていただきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る