ブログ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

天空率

こんばんは、和田BENです。
今回は、天空率について投稿したいと思います。
天空率とは、魚眼レンズで天空を同心円状に見上げたとき(任意の測定ポイントに対して正射影投影)、建物を立体的に映した範囲を除いて、どれだけ空が見える割合が残るかを示したものです。
これは、少し前になるのですが2003年に施行された改正建築基準法において追加された制度で、従来の高さ制限(道路斜線・隣地斜線・北側斜線)ではクリア出来ない場合に使う最終手段でもあります。
採光や通風の確保を目的として定められ、実際に計画する建物のほうが天空率が大きければ(空を覆う割合が少なければ)、斜線制限を適用しないことができるという緩和措置。
これにより、斜線制限によって容積率を十分に消化できなかった敷地においては、その有効利用も可能となったため、設計の自由度が増し、高さのある建物が建てやすくなったといえます。
このように設計する上では、基準法をどうしてもクリアできない場合が沢山でてきます。こういった場合でも、弊社アイルホーム
ではお客様の要望に立ち向って実現できる様に心掛けていますので、今後共よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る