ブログ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

大工工事

こんにちは 工務部の中栄です

本日は住宅建設工事の花形 大工さんについてお話ししましょう。

皆様は大工さんと言っても色んな大工さんがいる事をご存知ですか?

有名なところでは寺社仏閣などを手掛ける 宮大工。

一般木造住宅を建てる 木造大工。

マンションなどの内装や造作を手掛ける 造作大工。

鉄筋コンクリート造の型枠のみを行う 型枠大工。

などなど。住宅業界にはたくさんの大工さんが存在しています。

今回は私たちアイルホームのお家を手掛けてくれている 木造大工さんについて少し掘り下げてみましょう。

皆様は大工さんになるにはどれくらいの修業が必要だと思われますか?

一昔前までは一人前になるには5年から10年ほどかかると言われていましたが、現在は機械の進歩やプレカットと呼ばれる加工技術が進歩したおかげで一般的には3年から5年で一人前だと言われているようです。

一人前になって現場を任されるようになって初めて棟梁(子方がいる場合は親方ともいわれます)と呼ばれるようになります。
皆様の大工棟梁のイメージはどんな感じですか?

おそらく 頑固そうなお年寄りではないでしょうか。

それは先ほどお話しした一人前になるまでの時間が関係しているのです。

現在の一般木造建築では大工の技量が必要とされた構造材の加工がプレカットに変わり、大工の腕の見せ場だった和室の造作が激減してきています。

こう言った高度な技術が不要となった今、棟梁(親方)と呼ばれる大工さんは若い方なら20代前半の方もおられます。

お施主様の中には若いからと言って不安になられる方もおられますが、人一倍勉強熱心だからこそ早くして一人前になれたのではないでしょうか。

熟練の大工さんも体力が落ちてきたり、大工としては致命的な老眼が進んできたりと、全てが良い事ばかりではありません。

幸いアイルホームで新築工事に協力いただいている大工さんたちは、皆さん30代前半から40代前半と一番脂がのっている時期の方々です。

知識や経験も豊富で、体力的にもまだまだ衰え知らずな大工さんたちと一緒にアイルホームでお家作りを始めませんか?

きっと満足の行くお家が出来上がるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る