ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

外壁材

こんにちは 工務部の中栄です。

本日は外壁材についてお話しします。

一般的に住宅に採用される外壁材としては 窯業サイディング、金属製サイディング、ALC、モルタル、タイル等々。

これらの外壁材にはそれぞれ長所、短所がありますので少しお話しさせていただきます。

窯業サイディング

窯業系サイディングは、セメント質と繊維質を主な原料で作られます。成形のときに型を付けることで、タイル風にしたり、石積みの雰囲気を出すことが可能です。

材料の厚みによって価格帯が変わって行くのですが、厚みが厚いものの方が、タイルや石目調のデザインが本物らしくなります。

金属製サイディング

金属系サイディングは、鉄やアルミニウムなどの板材に、発泡系樹脂断熱材を補強材として成形された外壁材です。非常に軽量ですので、施工が楽といったメリットがあり、リフォームに向いた材料と言えるでしょう。

ただ、凹凸をあまり大きくは出来ませんので、タイル柄や石目では安っぽさを感じるかもしれません。

ALC

ALCとは、autoclaved light weight concreteを略したもので、つまり、軽量気泡コンクリートを指します。

コンクリートは耐火性能などが優れるなど優秀な材料ですが、重たい、断熱性能がほとんど見込めないといった欠点がありあます。その欠点を解決したのがALCなのです。

ただ初期費用としては、材料費と合わせて、上塗りする塗料にお金がかかります。

また、塗装の方法によって金額が大きく変わることも注意して下さい。

モルタル

セメントモルタル塗りとは、湿式の外壁仕上げの方法で、もともとは隣家の火事の延焼を抑えるために日本に普及したのではないかと言われています。

このセメントモルタル塗りですが、塗り方によっていろんな表情を作ることができるため、外観に個性を出したい方などから支持されています。

ただ、現場で施工するため、職人さんの腕と知識、経験がものをいう世界でもあります。

タイル

タイルは、粘土や石材を細かく砕いたものを焼き固めたもので、材料自体の耐候性や耐久性は非常に優れています。

また、その留め付けの方法でも湿式と乾式といった2つの方法があり、専用金具や専用ボンドなどで下地材に留め付ける乾式が一般的になってきています。

見た目の良さは、デザインサイディングなどの模倣商品とはことなり、長期にわたりその美しさを保ってくれるので、タイル貼りを望む方は多いのですが、どうしても初期費用が高くなる傾向にあります。

このように外壁材にも色々な種類があり、メリットやデメリットがあることをお分かりいただけましたでしょうか。

当社では窯業サイディングを採用し、コスト面やメンテナンスなどを考慮しています。

皆様のお家はどんな外壁を使用していますか?

アイルホームではメンテナンス工事もお引き受けいたしますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る