ブログ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

外壁サイディング工事

こんにちは 工務部の中栄です

お家を構成する工事の中から、本日は外壁工事についてお話しします。

アイルホームのお家では外壁標準仕様は窯業サイディングとなっております。

窯業サイディングって何?? と、思われる方もたくさんいらっしゃると思いますので少しご説明を。。

外壁工事と聞いて思い浮かべる物は、一昔前まではモルタル壁が主流でした。

モルタル壁は継ぎ目がなく、施工性が良いのでどんな形にも作成できるのですが、防水性が悪くひび割れしやすいなどのデメリットが多く、現在の外壁の主流はサイディングに移行しています。

サイディングにも色々な種類があり、金属サイディングや、木製サイディングなどがありますが、一番流通しているものが窯業サイディングです。

なぜ窯業サイディングが流通量が多いのでしょうか。

答えは多くありますが、私が思うには 施工性の良さ、バリエーションの多さ、工期の短さ、防火性能の良さなどがあげられるのではないでしょうか。

特に防火性能については各メーカー共に防火性能試験を行い、防火認定 耐火認定を受けている商品も多数でています。
お家を建築したい場所によっては、外壁に一定の防火性能が求められます。

その際にも認定品が多く、バリエーションが豊富な窯業サイディングが人気となっているのです。

また、工期の短さも人気の一つでしょう。
モルタル壁の場合は一般的には下塗りと上塗り(工法によってはもっと多くに分けて塗ることもあります)など数回モルタルを塗りこむのですが、そのたびに乾かす時間が必要となります。

またモルタル壁は防水性能が悪いため、出来上がった壁に塗装を施すことが多いです。

そうなった場合に外壁工事だけでも数か月かかる場合もあります。

現代の建築は工期の短さも魅力の一つとなっていますので減少していっているのでしょう。

もちろんモルタル壁にはサイディングにはない、重厚感や自由性などがありますので、悪いものではないのですが、メンテナンスの難しさや結露からくる構造材への負担などを考えると、窯業サイディングが主流になってきていることが納得できます。(あくまでも私の主観です)

当社ではお客様が長く安心してお住まいになれるように、窯業サイディングを標準としているのです。

もちろん窯業サイディング以外の外壁についても対応可能です。

いつでもご相談お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る