ブログ

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

地盤改良

こんにちは。工務部の坂上です。

本日は地盤改良についてお話したいと思います。

まず地盤改良とは、建築物を地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えることである。

最近起きた地震といえば熊本地震が記憶に新しいと思います。また、南海トラフ地震の発生も叫ばれる中、これから住宅の購入、建築をお考えの方で必ず確認すべき項目が地盤改良工事をしているか?ということを確認すると思います。

おそらく全体の80%以上の物件が地盤改良工事をしているかと思いますが、中には地盤改良工事をしていない物件があります。

もし、購入を検討している物件が地盤改良工事をしていなかったら・・・
「この物件大丈夫かな」と思うと思います。

しかし、実際には地盤改良をしている物件の中には不要な地盤改良工事をしているという記事を拝見したこともあります。

では、地盤改良を行う上で、どんなデメリットがあるのかをお伝えしたいと思います。

・改良費が高く、解体工事にも費用が掛かる。
地盤改良は確かに必要経費ではありますが、木造住宅の場合でも約50~80万円ほどの費用がかかります。
また、地盤改良が必要でない土地であってもわざと地盤改良を行う業者がいるのも現状です。

地盤改良が必要でない土地では、地盤改良をしようがしまいが地盤調査会社からの保障内容は同じ内容です。わざわざ高いお金を払ってまでする必要はないということです。ここで私が伝えたいのは地盤調査は2社に調査していただくことをおすすめいたします。

地盤改良工事が本来不要な土地なのに、地盤改良をしている土地があるということを頭の片隅にでも入れておいて、これから注文住宅を建築をされる際には地盤調査会社によって調査結果は大きく変わり、無駄な工事が無くなるということを覚えていてください。

その浮いた費用で、家族サービスや別の追加工事ができればいいなと思った次第であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る