ブログ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

劣化対策等級

こんばんは、和田BENです。

今回は劣化対策等級について投稿したいと思います。

劣化対策等級とは、住宅性能表示制度による建物の「評価項目」のひとつにあります。

建物の構造躯体の部分に用いられる木材のシロアリ対策や鉄筋の錆び対策など、住宅を長持ちさせるための対策の程度を、

3段階の等級で評価しております。

「等級1」は、建築基準法が定める対策が講じられている場合に対し「等級2」は、通常想定される自然条件および維持管理条件の下で2世代(50年~60

年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合です。

さらに、3世代(75年~90年程度)まで長持ちするように対策が講じられている場合、「等級3」と評価されております。

弊社は地震に強い家「耐震等級3」に加えて、この劣化等級についても「等級3」を取得している住宅でございます。

このようにこれからの時代、劣化対策等級の証明も必要になると思います。

これから新築を考えている方は、ぜひ検討してお墨付きのある住宅を手にいれて頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る