ブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

住宅性能評価書

こんにちは。
工務部の野口です。今回は、住宅性能評価書についてお話をしたいと思います。

まず、住宅評価書をだす住宅性能機評価機関とは
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」にもとづき住宅性能評価を行う、国土交通大臣の登録を受けた第3者機関です。
”住宅性能評価”とは、つまり「家の診断書」のようなものなんです!!建築会社とは直接関係しない第三者機関が、建物は安全か、快適に過ごせるかなど、10分野32の項目をチェックしていきます。

また住宅性能評価には「設計住宅性能評価」と「建設住宅性能評価」の2種類があります。

・設計住宅性能評価

設計住宅性能評価は「設計段階での家の検査」です。当然家はまだ完成していないので、家の設計図をもとに評価を下します。
この評価は既存住宅(建設完了後1年以上が経過した住宅、または実際に人が住んだ住宅)には適用できないため、家を建てる計画をする際に検査を受けるかどうかを決める必要があります。

・建設住宅性能評価

建設住宅性能評価は「完成した家に対して行う検査」です。出来上がった家を実際に検査し、設計時の評価とずれがないか等を確認していきます。なお、建設住宅性能評価を受けるためには、事前に設計住宅性能評価を受けておく必要があります。家を建てた後に評価してもらうことができないので、事前に検査を受けるかどうかを決めておかなければいけません。

住宅性能評価でチェックする項目は全部で10項目です。それぞれの項目に1~3点の評価が与えられ、点数が高いほどその項目の性能が高いということになります。なお項目は全部で10点ですが、そのうち必須項目は「構造の安定」「劣化の軽減」「維持管理・更新への配慮」「温熱環境」の4つで、残り6つはオプション制となっています。

さらに、地震などの自然の災害が頻繁に起こっていますが、住宅性能表示住宅は地震保険が優遇される
住宅性能評価を受けることで、地震保険料の割引を受けることができます。
割引には「免震建築物割引」と「耐震等級割引」の2種類があります。対象建築物の免震性が高いということを証明できれば、最大で50%の割引を受けることが可能です。

このように、性能評価書は様々な場面で役に立つときがきますよ!
もちろんアイルホームのお家も住宅性能評価機関にチェックしてもらっています。
気になる方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る