ブログ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

上棟式

こんにちわ。工務部の坂上です。

今回は、上棟式についてお話します。

そもそも上棟式とは
・棟木があがったことを喜び、感謝する場
・今後の工事の安全祈願
・職人さんたちへのねぎらいを伝える場

です。

基礎工事が終わり、木材が搬入され木工工事が始まります。

いよいよ家の骨組みを組み立てる上棟(建て方)です。

棟木があがったら、「建前」「棟上げ」とも呼ばれる上棟式を行います。

上棟式は地鎮祭と違い、儀式というより無事に棟があがったことを喜び、感謝するお祝い。

そのため、最近では神主さんにお願いせず、棟梁が代行して執り行うことも多くなっています。

ですが、最近では上棟式を行わない人が増えてきています。

確かに準備が忙しいですし、お金もかかります。

ですが、今後安心して生活できる家を建ててくれる職人さんたちをねぎらい、今後の工事の安全を祈願するためにも、何らかの形で感謝の意を示したほうが、職人さんたちにも引き続き気持ちよく仕事をしてもらえると思います。

上棟式をしない場合は、「略式」だけでも検討されてみてはいかがでしょうか。

実際、上棟式を行う際に何を準備すればいいのでしょうか

上棟式は「大安」「先勝」「友引」などの吉日を選びます。

ただし日曜日は避けましょう。日曜日の朝早くからの作業騒音は近所迷惑になりますし、本来は職人さんが体を休める日でもあるからです。

【上棟式に向けて準備するもの】
基本的には
・棟梁や職人さんへのご祝儀
・お神酒を1升瓶で2本
・米
・塩
・宴会の料理(宴会を行わないなら、折詰とお酒を用意)

地域によって準備するものが異なることがあるので事前に確認しておくと安心です。

次に上棟式の流れ

建て方、棟があがる
1、棟梁が棟木に幣串をたてる
2、骨組みに板を渡し祭壇をつくる
3、➀上棟式
  ➁祭壇清めの儀
  ➂お祓いの儀
  ➃降神の儀
  ➄四方がための儀
  ➅お神酒を出席者全員でいただきます。(地域によっては、施主が棟木から餅をまきをします。)
  ➆施主が挨拶し、乾杯して宴会
  ➇棟梁へご祝儀を渡す
  ➈手締めで会を締めます
  ➉幣串と棟札を祭壇からさげ、祈願して屋根裏に納めます

このような流れになります。

上棟式をしない方が増えている状況ですが、意味だけでも理解していただくと、今以上に家づくりに興味がもてると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る