ブログ

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

バリアフリー住宅

こんばんは。アイルホームの坂上です。

本日はバリアフリー住宅についてお話いたします。

まず、バリアフリーとは、高齢者や障がい者などが生活するうえで支障となるものを取り除くことを指します。一番わかりやすい例としては、部屋と部屋、部屋と廊下の間に段差がないことでしょうか。杖や車椅子を使って室内を移動するとき、ほんの数センチの段差であっても大きなストレスを生みます。

バリアフリーの家が家族全員にとってもメリットがあります。例えば妊婦さんがつまづかずに済みますし、若年であってもケガや病気で、室内で車椅子を使わざるを得なくなることもあるからです。

家は、自分の代だけではなく子どもの代にも引き継がれていくことも多いものです。次の代に引き継ぐまでの間、新しい生命の誕生もあれば、どなたかの老化・介護というシーンが巡ってくるのは自然なことです。

このことを考えると、誰もが使いやすい「バリアフリーの家」はとても便利です。高齢者になってからも住みやすい家は、誰にとっても使いやすい家です。

では、バリアフリー住宅を建てるにあたって覚えておいてほしい点が7つあります。

1、トイレは寝室のそばに配置、広めに
2、洗面台は高さに注意、ベンチを設けても便利
3、リビング・ダイニングはだれもが集まれる工夫を
4、廊下は車椅子の通行ができる幅にし、手すり設置を見越して
5、玄関は階段でなくスロープを作っておく
6、キッチンは高さ調節ができる製品を
7、バスルームは介護者と一緒に入れる広さとすべり止めを

また、水周りを連続させることで、トイレ・洗面・入浴がひとつの線で結ばれますので、動きも少なくてすみ、高齢者になってからも住みやすい家となります。

高齢者になってからも住みやすい家とは、「バリアフリー」なつくりです。これは高齢者だけでなく、誰であっても使いやすい家です。家族そろって無理なく楽しい暮らしをしたいのであれば、はじめからバリアフリーにする、もしくは将来のバリアフリー化を見越した家づくりをしたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る