ブログ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

テクノビーム

こんにちは 工務部の坂上です。

今回は当社の住宅工法で使用しているテクノビームについてお話をさせてもらおうと思います。

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境にもやさしく、丈夫で長持ち。

しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性があります。
つまり、柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、

梁のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

木造住宅の弱点になっていた梁部分を鉄骨で強化したパナソニックオリジナルの梁材、

それがテクノビームです。

ではどのような現象に強いのか、もう少し詳しく説明させて頂くと、

荷重を受けると木梁はたわみます。荷重を受け続けると、このたわみが徐々に進行していきます。
たわみが年々進行し続けていく現象、それをクリープ変形といいます。

テクノビームは通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、
梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。

さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。
クリープ変形が進行してしまうと、2階の『床鳴り』が生じやすくなります。
さらに1Fの建具(和室襖、押入れの引き戸等)が開きづらくなります

同じ長さの木製梁とテクノビームに約2.2トンの荷重を加えた実験ではたわみ量が経年変化します。
新築時から30年後のテクノビームのたわみ量は木製梁の1/4以下と、高い耐久性を示しました。
木造住宅の弱点をテクノビームで補強して、木の良いところと、鉄の良いところを
最大限に引き出すことができるのが、テクノストラクチャー工法です。

アイルホームは、このパナソニックが開発したテクノストラクチャーを使って、
日本の気候風土に合った、『安心の木の家』を作ることを第一に考えております。
長く安心して住める住宅をお探しの方は是非アイルホームにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る