ブログ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

シーリング工事

こんにちは 工務部の中栄です。

本日は外壁のシーリング工事についてお話しします。

皆様はシーリング工事と聞いてどのような工事を思い浮かべますか?

シーリング工事?? と思われる方も多いと思います。

シーリングと同じような意味合いを持つ コーキング工事 の方が聞き覚えが多いのではないでしょうか。

実際は少し意味合いが違って、シーリングとは 隙間に充填して防水性や気密性を高める材料の事で、棒状の物や液体、テープ状の物など様々な種類があり、幅広い意味合いがあります。

一方コーキングとは建築現場で使用されるペースト状の物の事を指すようです。

ここでは本来の意味合いを考えて シーリング工事と呼ばせて頂きます。

現在アイルホームで標準的に使用しています外壁材 窯業サイディングは 前回ご説明させていただいたように様々なメリットがございます。

但し、良い事ばかりでもなくもちろんデメリットもあるのです。

そのデメリットの一つがシーリングではないでしょうか。

シーリング自体は外部の雨風から建物本体を守ってくれる、大事な役目をしてくれているのですが、欠点が一つ。。

耐久年数が短いと言う事です。

一般的なシーリング材は対応年数が5年程度と言われていて、打ち変え時期は約10年と言われています。

現在は高耐久なシーリング材が沢山出てきて、中には対応年数が30年と謳う商品も出てきていますが、もちろん普通の商品に比べてかなり高価なものとなります。

一般的なシーリング材の打ち変え工事でも、足場の施工など目には見えないお金がかかり、そう簡単に工事が出来る金額ではないことが多いのです。

と言っても、劣化したままのシーリング材を放置しておくと、そこからの雨水の侵入などが発生して、構造躯体を腐敗させて行くなどの悪影響が考えられます。

以前のもお話ししたことがあるのですが、今の住宅はメンテナンスが大切で、メンテナンスをしっかりとしていれば、100年十分に持つほどのしっかりとした住宅を提供させて頂いています。

このシーリング材についてはご自分で点検が出来る数少ないメンテナンス項目です。

これから末永くお家とお付き合いして頂くために、一度ご自分の目で点検してみて下さい。

きっと色々なことに気が付くはずです。

何か見つけて気になった事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アイルホームではお客様にとって、最善な方法を一緒に考えさせていただきます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る