ブログ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アルミサッシ

こんにちは 工務部の中栄です

本日はアイルホームで採用しているアルミサッシについてお話します。

現在採用しているアルミサッシはアルミ樹脂複合サッシと言われるもので、外側はアルミ、室内側は樹脂と言うものです。

少し前までは内外ともアルミと言う製品が多かったのですが、結露の問題や断熱性能落ちると言う事で最近は少なくなってきています。

別にアルミが悪いわけではないのですが、アルミは熱を伝えやすいと言う性質があるため、外部の熱をそのまま室内に伝えてしまうため、どうしても光熱費が上がってしまいます。

また冬の場合はサッシ本体の温度が低くなってしまい、室内との温度差が極端に大きくなり、結露が発生してしまします。

このように窓の性能は快適に生活するためには大きな役割を果たしているのです。
現在は樹脂サッシのようにオール樹脂の製品も出てきていますが、アルミ複合サッシが多く普及している要因は費用対効果など価格の問題も大きいのではないでしょうか。

窓の断熱は、これに加え、ガラスの種類(トリプル、複層(ペアガラス)、シングル)材質(LowE)、注入ガスの有無、気密性(引き違いよりは滑り出し窓の方が高いなど)など、さまざまな要素が影響してきますが材質は大きくこだわるところではないでしょうか。

実際私は点検などでOB施主様宅にお伺いすることが多いのですが「昔住んでいた家と違い結露しにくいですよ」「窓の近くにいてもそんなに寒さは感じないですよ」などのお声をよく聞きます。

数値だけで見るともちろんオール樹脂の方が優れているのですが、先ほども書きました価格が高いと言う事や、樹脂なので紫外線劣化なども起こるのではないかとも言われています。
長い目で見ると耐久性に優れている複合サッシが普及しているのがよくわかります。

もちろんアイルホームでは複合サッシ以外に樹脂サッシもご提案できます。
地域や生活環境に合わせてご提案させて頂きますので、気なる方はお気軽にご連絡をお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

物件情報
ページ上部へ戻る