ブログ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

こだわりの接続方法

こんにちは 中栄です

皆様、テクノストラクチャー工法と聞いてまず何を思い浮かべますか?

ます最初に思い浮かべることと言えば、テクノビームや構造計算などではないでしょうか?

実はあまり目立たない所にもたくさんのこだわりがあります。

今回は接続方法(金物)についてお話ししたいと思います。

皆様ご存知の通りテクノストラクチャー工法では、テクノビームと呼ばれる木と鉄のハイブリッド複合梁を用いて建築していくのですが、従来の木造住宅とは違いテクノビーム同士をボルト接続しますので、木材の強度や施工者による強度のばらつきを抑えることが出来るのです。

合わせて木造住宅では欠かせな木材の「仕口」(木材同士を接続するための加工)がない事も強度の安定につながっているのです。

また、テクノビームの接合だけではなく柱の引き抜き強度にもこだわりがあり、テクノストラクチャー工法ではドリフトピン接続を採用しています。

この接続方法では従来の接続方法である ほぞ穴+接続金物 よりも材料の欠損が少なく、柱の引き抜き強度も飛躍的に高くなっています。(従来の接続方法の約3倍)

このような接続方法にプラスしてテクノストラクチャーの研修を受けた有資格者(二級建築士、2級施工管理技士以上の資格を有する者を推奨)による自主点検+テクノストラクチャーからの最終チェックを経て初めて合格となるのです。

このように安定した品質の住宅をご提供できることが、皆様に安心をご提供することに繋がっていると信じています。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る