最近よく耳にするZEHってどんな住宅?

最近よく耳にするZEHってどんな住宅?

■はじめに

家計に優しいだけでなく、環境にも優しい。そんな省エネ住宅を、これから建てたいと考えている人には、覚えておいてワードがあります。それが「ZEH」。果たしてどんな住宅なのか、チェックしてみましょう。

●ZEHとは…?

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、簡単にいうと、これまでの省エネ住宅より
環境性・経済性で一歩進んだ住宅です。

省エネ住宅は、たとえば断熱性を上げたりして冷暖房にかかるエネルギーを少なくしたり、電力消費量の少ない家電や照明などを採用した住宅のことです。

それに対して、これらの性能を持ちながら更にエネルギーを創り出す設備を採用し、消費したエネルギーを太陽光発電などで
まかなって、結果エネルギー消費が実質ゼロ以下とする住宅がZEHです。

経済的でエコなため、国としてもZEHを普及させようとしていて、経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の
建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標としています。

●ZEHのメリット

ZEHを採用するメリットは大きく分けて以下の3つです。

・家計に優しい(ランニングコスト削減)
・カラダに優しい(室内空間の快適性)
・環境に優しい(エコロジー性能)

住宅は建てたら終わりの買い物ではなく、完成後は光熱費といったランニングコストがかかります。これを削減できると、
家計にも当然良い影響が出ます。

また、ZEHはそもそも家自体の断熱性が高いため夏は涼しく冬は暖かい、快適な暮らしができます。
年間を通じて気温差も少なくなるので、カラダにも優しい住宅ということができます。

さらに、太陽光発電などで自らエネルギーを創り出すことができるので、電力会社などから供給される電力量は少なくなり、
結果的に地球環境にも優しくなっています。

余った電力は売って収支をプラスにすることもできるなど、ZEHはこれまでの省エネ住宅より構造的に一歩先に進んだ、
次世代住宅のあり方のひとつなのです。

■まとめ

前述の通り、ZEHは国からも推奨されているものなので、補助金制度が用意されています。指定のビルダーで建てることで、
一戸当たり125~150万円の補助金が交付される制度(平成28年度)になっています。

もちろん、アイルホームも指定を受けておりますので補助金交付対象ですので、次世代の省エネ住宅、
ZEHに興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

アイルの匠ブログ(月別)

ページ上部へ戻る