オール電化とガスと電気の併用どちらがいいの?

オール電化とガスと電気の併用どちらがいいの?

■はじめに

住宅の設備を選ぶ中で光熱費や使い勝手を大きく左右する要因のひとつが、使用するエネルギーのタイプです。
近年ではオール電化住宅も一般的になりましたが、ガスを使って照明などに使用する電力を発電する「ガス住宅」も
登場しています。
オール電化にする場合とガス住宅にする場合、併用する場合では、どれがオトクになるのでしょうか?

こちらではこれから住宅を建てようとお考えの方に、それぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

●エネルギータイプ別のメリット・デメリット

●ランニングコスト重視?導入費用重視?

上の表からわかるように、ランニングコストの面で比較するならオール電化住宅やガス住宅の方がオトクです。

ガス住宅では、使用する電力のすべてを自家発電でまかなえるわけではありません。
電気の契約は必要です。ただ、燃焼の排熱や給湯や床暖房にも利用できますし、
基本料の割引もあるためにランニングコストが抑えられるのです。

エネルギーコストは、都市ガスよりLPガスの方が高くなります。都市ガスエリア外にお住まいの方は、
その点にも注意しましょう。

導入費用という点では、併用住宅が有利です。

■まとめ

長い目で比較した場合、コスト面だけを見ればオール電化住宅やガス住宅がオトクになります。
ただし、導入費用や災害時のライフライン確保を重視するのであれば、併用住宅を選んでも良いでしょう。

アイルホームはパナソニックビルダーズグループの一員です。当社で注文住宅を建てていただいた場合、
パナソニックの家電製品を通常より安価にご購入いただけます。
省エネ性能が高く新生活にピッタリの家電選びも、お気軽にご相談ください。

アイルの匠ブログ(月別)

ページ上部へ戻る